青が破れる

著者 :
  • 河出書房新社
3.09
  • (5)
  • (15)
  • (20)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 168
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309025247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『1R 1分34秒』で
    第160回芥川賞を受賞した町屋良平の
    第53回文藝賞受賞のデビュー作。



    いやぁ、久方振りに小説(物語)ではなく
    文学や詩を読んだ気分。

    ひらがなを多用したきわめて感覚的な文体。
    読んでいる間は終始、気持ち悪さや居心地悪さが残るのに
    なぜだか読むことを止められない。
    そして、フックのある言葉が、
    寡黙だが浮かび上がる熱情が、
    どうしようもなくリアルに胸を射抜いてくる。

    クリープハイプの尾崎世界観や
    元パンクロッカーの町田康などミュージシャンたちがこぞって
    この作家に惹かれるのも納得。
    そこに流れるのは70年代の、
    ロックやアメリカのロードムービーの映画に多く見られた寂寥感とざらついた質感だ。
    僕の中では読んでいる間中、ずっと音楽(ブルース)が流れていた。
    サンタラの『バニラ』『独白』『うそつきレノン』、
    酔いどれ詩人トム・ウェイツの物悲しいピアノの音色としわがれ声、

    https://youtu.be/Ujn4YTrdBNI

    ライ・クーダーの哀愁のスライドギター、
    ニール・ヤングの魂のギターの音色、

    https://youtu.be/Rm1JRPi8XKg

    そして、ボクシングといえば外せないこの曲、久石譲の『キッズ・リターン』のテーマが行間から流れては消えていった。

    https://youtu.be/0WVhDXjzN1U


    物語はシンプルだ。
    プロボクサーを目指すものの
    いつもどこかが冷めてる主人公の青年秋吉(シューキチ)、
    秋吉の友達のハルオ、
    ハルオの彼女で、不治の病で入院中のとう子、
    秋吉の恋人だが、夫子がいる夏澄(かすみ)、
    秋吉のジムメイトで非凡なボクシングセンスを持つ梅生(うめお)の
    5人の若者が織り成す、
    夏から冬にかけての
    なんてことのない日常を描かれていく。

    作者の町屋良平は劇的な出来事なんてなくても
    当たり前に揺れ動く小さな感情を、
    繊細に積み重ねていくから、
    登場人物たちの生が鮮烈に浮かび上がってくる。

    秋吉との濃密なキスのあと、
    夏澄がコーラでうがいするシーンのリアリティに胸を衝かれ、
    秋吉、ハルオ、とう子、梅生の4人であてもなくドライブした真夜中のピクニックに懐かしさを覚え、
    (まるでジム・ジャームッシュの映画のようだ)、

    秋吉と梅生のスパーリングシーンは
    拳で語り合い通じ合う二人がうらやましかったし、
    (梅生の言動や行動にホモセクシャルの匂いを感じたけど、果たして?)

    夏澄の死を受けとめきれずに
    息子の陽(よう)を抱き締め泣き崩れる秋吉のシーンのイノセンスが無性に身に染みた。

    それにしても町屋良平は
    言葉に対する感覚が非常に鋭い作家だと思う。
    前述したようにひらがなを多用した一種独特な文体で決して読みやすいわけではないのだけれど、
    ハッとするフレーズがところどころに散りばめられているので読みとばすことができない。
    歩くのが困難な瓦礫の山の中を進んでいると
    あるハズのない宝石が突如として出現する感じ(笑)
    それに、ボクシングが文学と相性が良いことは古今東西様々な作家たちによって証明されてきたのだけれど、
    町屋良平の身体性を言語に落とし込む才能には目を見張るものがある。
    プロのボクサーだった僕からしても
    嫉妬を覚えるくらい、
    ボクサーにしか分からない感覚や思考のシステムを
    これ以上ないくらい上手く言語化していて
    なおかつ胸に迫ってくる。


    今は朽ちないことや老いないことをよしとする風潮が主流だけど、
    歳をとったり、朽ちていったり、
    変わっていくことを怖れず書いている小説が僕は好きだ。

    物語の終盤、失したものの大きさに
    梅生と秋吉は打ちのめされ、
    不変だと思っていた二人の世界も
    変わることを余儀なくされる。

    タイトルの『青』とは、
    青い時、未熟な期間。
    そして、『破れる』とは
    弱い自分からの決別を意味してるのではないだろうか。


    サムエル・ウルマンの『青春』という詩に
    こんな一節がある。


    青春とは人生のある期間ではなく
    心の持ち方を言う

    たくましい意志、豊かな想像力、
    燃える情熱をさす

    青春とは臆病さを退ける勇気、冒険心を意味する

    ときには20歳の青年よりも60歳の人に青春がある

    年を重ねただけでは人は老いない
    理想を失うとき初めて人は老いる

    (青春から抜粋)



    もし、作者の町屋良平が敢えて書かなかった
    秋吉と梅生の最後のセリフがあるとすれば、
    ベタだけど、コレ以外にはない気がする。


    梅生「俺達もう終わっちゃったのかなぁ?」

     
    秋吉『バカヤロー、まだ始まっちゃいねぇよ…。』



    とにもかくにも、今後が気になる作家である。

  • 面白く読んだ。ある種 青春小説と言ってよいのでしょうか。独特な言い回しや感覚や敢えて仮名遣いを多用したりと個性的な作品。同世代よりも振り返り世代の方が共感するかも知れないと感じた。好みは3編目の 読書 だけど殻の破り度合いはおとなしい。誤植が2つほどありましたね。
    今35歳の会社員作家、それこそ今後どう脱皮するのでしょうか? ちょっと気になる作家でした♪

  • 【青が破れる】
    「いいのいいの、確率の問題だから、純粋に ー 死ぬとか生きるとか、わたしのは、健康と関係ないから」

    「気まずいごっこ」
    「気まずいごっこ?」
    「お見舞いにきても、気まずいでしょ? 会話とか、不自然になるし。だから敢えてさらに気まずくし、気まずさをモヤモヤさせることなく、お見舞い客を安心させるこころみ」
    「変わってますね」
    「変わった病気にかかるとね、どうしても」

    「ハルくんに、あいたいな」
    「でも、くるなっていったんですよね」
    「だって、ハルくんはかえるでしょ? 許せないの。死ぬこととか、病気に選ばれたこととかは、わりに許せるけど、許せるっていうか、許せる許せないのレベルじゃないし、『はぁー、まじか』って感じだけど、ハルくんがきたらかえっちゃうってことだけは、どうしても許せない」

    『だが、ほんとうのことなんていえない。だれしも嘘はいやがるのに、ほんとうのことを伝えないことはやさしいことだとおもっている。いつも。』

    『夏澄さんにあえた日、からまた次に夏澄さんにあえる日、を一日みたいに考えたい。その一日は不規則に伸び縮みする。前回あったのが一週間前だから、おれはまだおなじ一日を生きている気分だ。あえたよろこびに浮き沈みする期間をおえて、安定的にながれる一日の情緒を、なんとか生きているよ、って夏澄さんにつたえたい。』

    『あいたいなら、あいにいけばいい。でももうそれは、「おれの夏澄さんへの恋情」ではなかった。あいにいったら、それはおれの欲情であり、夏澄さんの孤独であり、それは情熱を装うけど、しんじつは空しい。』

    『ひとの感情に、いちいち対処しなくてもいい、とおれはおもった。それは途方もないから。』

    「とう子、ぼくらかえるで、またくるからな、とう子、起きひんか? 目さめたらさみしならんか? とう子、かえるで、でも、な、またくるやし…」

    【脱皮ボーイ】
    『もし女の子とつき合えたら、水族館とかプラネタリウムとか行こう。セックスの合間に、いっぱい行こう。』

  • ボクシングのトレーニングをする秋吉くんと、周りの人々。
    春、夏、冬。三人の死。

    ---------------------------------

    クライマックスや問題提起のような場面が来るのか、と身構えながら読んでいたが、三人が亡くなり、えっ、と思ったら終わってしまった。
    登場人物たちの名前が春夏秋冬になっている理由もわからなくて自分の読解力の低さを悲しく思った。物語が唐突に終わることと、春夏秋冬の季節が気づかないうちに変わることをかけているのだろうか。ちがうよな。残念。


    短編二編も、視点が変わったりするところは、ふむふむという感じで読めたけど、何か始まりそうな気配で両方とも終わってしまったので何とも言えなくて悲しい。
    センスはどうやって磨くんだ。こういう文学作品を味わえるセンスが欲しい。

  • ひっさびさにリタイアした。こんなに薄いのに。
    作文と文学は紙一重だよね、という感想。私には作文でしかなかったです……。

  •  今年の冬の芥川賞の記者会見で、「ニムロッド」の上田君は、予想に反しておっさんだった。隣に立っている町屋君が、少年ポイ感じで、読んでみようかなと思って読んだ。
     ボクサーの話かと思って読みはじめてみると、微妙に違った。昔、いや、いまでもか、古井由吉が身体性と意識性のあわいを、流体的な感覚で描いていたと記憶しているけれど、町屋君のここに載っている作品は、身体と意識を別の次元化しようとしている「感じ」は伝わるけれど、講釈を垂れている語り手の説明化しているからだろうか、それに伴った、本来身体的な「病気」や「死」、「性的な行為」が、読み手であるボクには象徴的な印象しかもたらさない。
     本人も書ききれないからか、「ナンビョウ」というふうにカタカナ語にしている。結局、「あわい」の面白さが、希薄になって、ホワーとしたムードを描いて終わっている、そんな感じの読後感。濃厚に描くと、ビョーキの話になってしまう所なので、難しいんだろけど、ちょっとねえ、何かが足りないんじゃないでしょうか。
     きらいじゃないけど、頼りない。そんな感じかな。ああ、作品の印象も少年かな。

  • 入り込めぬまま終わってしまった。

  • よくわからない・・・
    最後の「読書」は、まあ面白かったかな。

  • いつもつけっ放しにしている朝のラジオで聞いたのが始まりだった 文章の運びが新鮮で面白く 家事の手を休めて思わず聞き耳を立てた  賞をもらったので 一部 読まれたのかもしれない 

    短編集「青が破れる」 違った作風の3篇 
    1青が破れる 2脱皮ボーイ 3読書
    1→2→3 と掲載順に作者の懲り様が濃密になり
    作者の計画通りに引き込まれてしまった
    次はどういう手を見せてくれるのか楽しみ  

  • ★ヨシダさんからのおすすめコメント★
    第53回文藝賞受賞作。ボクサー志望のフリーター、「おれ」こと秋吉は友人ハルオの彼女、「とう子」と出会う。もう「ながくない」とう子と、秋吉は関係を持ってしまい・・・。ひらがなを効果的に多用した、リーダビリティ抜群の文体に、うなる。素晴らしい。表作の他、短編二編を収録。
    武蔵野大学図書館OPACへ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000140372

  • 2018/9/18購入
    2018/9/24読了

  • 芥川賞候補になった「しき」が良かったので、こちらも。表題作、主人公とスパー仲間の会話が最高だが泣き笑いの感覚もあり、とにかくこういう書き方ができるってすごい。読書も日常の一コマを切り取って映画みたいな物語になってることに驚き。もっと新作読みたい。

  • 「青が破れる」
    ボクサー志望の青年秋吉、秋吉の友人のハルオとその難病持ちの彼女とう子、秋吉と不倫している人妻の夏澄、ジムの後輩梅生。ハルオに頼まれて、とう子の見舞いに行ったことから始まる、秋吉のひと夏の恋と死とボクシング。

    考えるボクサーである(が、同時にそれを嫌悪している)秋吉の思考の奔流と、それに相反するかのように平仮名を多用した稚拙な話し言葉が混在し、過剰にナイーブなのに、極めてドライっていう両極端な空気感を成立させてる。
    常にヒリヒリした死の気配と哀しみが漂っててどちらかというと陰鬱な話だけど、
    梅生の飄然とした明るさに救われる。

    他には交通事故を切っ掛けに恋に落ちた男女を描いた「脱皮ボーイ」、偶然電車でかつての恋人同士が隣り合って座るも女性の方は読書に集中していて気づかない「読書」の2編を収録。

  • 書き下ろしの 読書 が好き

  • ボクシングと春夏秋冬の人のお話。まだまだ文章が完成されていないかなと思ったけれど、この空気は好き。そのあとの『脱皮ボーイ』『読書』は作風が違う。

  • うーん、あんまりしっくり来なかった。けど、この淡々とした日々を書きたかったのかな、とは思う。最後の「読書」は、こういう瞬間あるよなぁってなった。今更喋るに喋れないけど記憶に浸る時間。

  • 短いセンテンスなのに、なんだか冗長に感じてしまうこの語感はなんなんだろう汗。

    青春小説って、ハマらないとほんとに読めないな、ということを改めて痛感させられた作品でした。いまのとこ青春小説くくりだと綿矢りさくらいだもんな〜ピンと来たのって………。

  • 寓話としてとらえるには生々しすぎ、青春小説としてとらえるには抽象的なオブジェクトが多すぎる。

  • 2016年の文藝賞受賞作。
    ボクサー志望の秋吉と、友人のハルオ。ハルオの恋人で、難病治療のため入院中のとう子さん。
    梅生。秋吉と不倫中の夏澄さん。
    描写もあまくてまだまだ稚拙な感じはしたけど、あぁ私はこれ好きだと思った。
    秋吉の一人称でありながら、どうにも俯瞰的な視点が独特の雰囲気をつくっていて、なにかしたいのになにもできないんだ、という焦燥感がヒリヒリ伝わる。

    ただ書き下ろしの「脱皮ボーイ」と「読書」のがだんぜん好き。
    この2作に関してはもう手放しで好き。
    脱皮ボーイは、線路に突き落としてしまった女性と突き落とされてしまった男の子が、その後カップルになる話。
    男の子より4つ年上の女性視点がおだやかなわりに、やけに現実的でむしょうに共振してしまった。

    読書は、電車でたまたまとなりあった男女が実はお互い元恋人同士で、というストーリー。
    気づくのか気づかないのかの二人の攻防が軽妙で痛快で、意識の深淵をのぞいているような面白さがあった。

    のびしろを感じる今後がとっても楽しみな新人作家。

  • 例えばジ、エクストリーム、スキヤキみたいに映画になるとしたらそれだけの華や膨らみや空気感を持つのは間違いなく表題作だろう。小説としては、文芸としては三編めの読書が好き。少し臭いけど。

  • メディア予約
    何が言いたいのか理解できず、途中挫折。

  • 「文藝賞」は、山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』、中村航『リレキショ』、綿矢りさ『インストール』、鈴木清剛『ラジオデイズ』といった青春小説の傑作を多数掘り出してきた。とりわけ、乾いた現代語で屈折を緻密に記述し、日常の不穏を丁寧に炙り出すような作風の、「さわやかなへんたい小説」とでも呼びたくなるような作品が多い。その最前線に、町屋良平が現れた。表題作は第53回文藝賞受賞作。約100頁と短い。
    主人公はボクサー志望だが、弱い。将来の展望も不明瞭だ。しかし、それ以上に周囲の不健康が勝る。対比的に、凡庸なまでの健康が主人公の輪郭として見えてくる。自律/依存、強さ/弱さ、生/死といったテーマが低温の文章でじわじわと描き出される。
    いや、そんなに単純ではない。短くとも豊かなテクスチャーがこの作品の魅力だ。言葉にできないことが言葉になっている、その小説ならではの達成に震えた。

  • 去年の文藝賞はまだ読めてないのですが今年の受賞作を。
    帯文と推薦文で完全にネタバレしてるのはどうなんですかね。その展開を知ってるか知らないかでかなり読む上での心構えって変わってくると思うんだけど。ただじゃあそれを書かないで、となるとこの小説の売り文句はなかなか考えづらいのかもしれない。
    表題作を読んだ上で感じたのはかなり舞城に近いにおいの小説だなあということ。ライトな文体で、アフォリズム的な感じ(悪く言うと説教くさい)を交えつつ、というのは純文学フィールドで書いているときの舞城にかなり近い作風に思えた。そこからさらに著者のオリジナリティがあるか、と問われると、うーん、ちょっとそこまでのものがあったかどうかはなかなか。ただ表題作以外の作品では作風もやや異なっており、もっと違う作品も書ける人なのかな、とも思ったけど、やっぱり舞城っぽさは拭えない感じがした。

全27件中 1 - 27件を表示

著者プロフィール

町屋 良平(まちや りょうへい)
1983年、東京都生まれの小説家。「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞してデビューし、同作で第30回三島由紀夫賞候補に選ばれる。2018年、「しき」で第159回芥川龍之介賞候補に選ばれ、続く「1R1分34秒」で第160回芥川龍之介賞候補になった。

青が破れるのその他の作品

青が破れる (河出文庫) 文庫 青が破れる (河出文庫) 町屋良平
青が破れる (河出文庫) Kindle版 青が破れる (河出文庫) 町屋良平

町屋良平の作品

ツイートする