成功者K

著者 :
  • 河出書房新社
3.00
  • (11)
  • (44)
  • (91)
  • (34)
  • (16)
本棚登録 : 686
感想 : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309025513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 現実にありそう。芥川賞取って成功者になるのは少ない感じがする。若くして受賞しないとダメですね。

  • 結局のところ何が言いたかったのかよくわからなかった。タイトルが面白かったので作者の穿った視点からみた芸能界や芥川賞の後日談など、どんな風に表現するのだろうかと期待して読んでみた。が、さしてひねりのない芸能界の裏側や下世話な話、やたらに出てくるあまり上手いとは思えない雑な性描写。全体的に滑稽ではあったがそれが面白いとは思えず・・・結局のところ、成功者K自身が何を言いたかったのか自分には伝わってこなかった。

  • 2021.23

    最後の展開がどうなるか楽しみに読み進めていただけに、よくわからない終わり方は残念でした。

  • 作者の経歴と重なるところがあり、登場人物が比較的イメージしやすく、読みやすかったです。
    結末については、賛否両論あるとは思いますが
    読み終えてからどの部分が虚構であり現実なのかということを考えながら振り返れ、楽しめたのがこの本の評価ポイントです。

  • もう装丁見たまんま、著者をモデルにした私小説風だが、なかなかに露悪的で俗っぽい物語だった。芥川賞を取って成功者となったKは、宣伝のためとTVに出まくり、少しでも好みの女性ならセックスしまくる。金銭欲・名誉欲より、ダントツで性欲が凄い。傲慢ななかに小心者も感じさせ、ほぼ半笑いで読了。内容は俗だが、文体が流石芥川賞っぽいので、そこまでゲスには感じられなかった。少なくとも『スクラップアンドビルド』を挫折した私にはこっちのほうが合っているようだ。それにしても幸せって何だろ?成功とは比例しないね。

  • 作者を想像しながらセイコウ体験を楽しく読んでいたが
    途中からやり過ぎだろうとなり
    ドッキリ企画がいつ発動するのかこたらがドキドキし
    どうなるのだろうと思っていると
    夢と現実が曖昧になりなんなので終わる

    初読みなのでもう一度読んだら見え方が変わるのだろうか?

  • 小説と言うものに縁遠くなっていて、久しぶりに読んだ現代の、そして日本の小説。
    読後感は「傑作ではなかろうか」。速読でない読み方でw、とても面白く読めた。
    話は小説家自身がモデルの主人公の出来事が全てで、他の人物は主人公Kの絡みでしか描かれない。平凡人から成功者としての有名人へとなったKに巻き起こる変化、そして舞い上がり。ふた昔前の小説なら、自己の「内面との対話」というような近代自我意識が色濃く出るところだろうが、ここでは俯瞰的な突き放した視線で、Kを淡々と描写する。冷笑的にも一部諧謔的にも感じる。
    珍しく私が読んだ、数少ない現代日本の小説『コンビニ人間』が、なんとここで「成功者M」の芥川賞受賞作として取り上げられていたw。あの小説にも主人公は、コンビニ店員モードのスイッチを入れて起動させ、それを客体視して淡々と叙述していた。現代の小説の描き方として、共通のものを感じる。

    読む前に一つだけこの作品の書評(というか感想のようなものだったが)を読んだ。曰く「作者自身がこういう人間で失望した‥」というような要旨だったが、これはずいぶん素朴というか、参考にならない凡庸な書評(というか感想)だった。

    近ごろは、原文日本語の文学はあまり読んでいないが、日本語の文章は大量に読んでいる。多くはブログだったり、ニュースサイトだったりSNSの短文。こういう短いものばかり読んでいて、久々日本語の長編を読むと、作家の、特に長い文章を書く力に感心する。細部の表現だけでなく300ページを始まりから終わりまで破綻なく仕上げどの箇所にも緩みが無い。これは優れたプロの技である。
    この、妙なところに関心したのが、ここに感想を書くきっかけw。

    ラストは賛否両論があるのでは? だが少なくとも自分はあのようなラストは読んだことがなかった。これほど物語が量産される時代に読んだことのない小説の終え方、というのは肯定ポイントであると思う。

  • 羽田圭介氏の本は初めて読みました。
    芥川賞作家ということで名前は知っていたので
    読んでみたいなと思っており手にとって見ました。

    お笑い芸人の又吉と一緒に芥川賞を取ったことで
    あまり注目されなかったイメージがありますが
    自身の体験談を多少は基にして書かれたのでしょうか。

    成功者としての気持ちの変化や周りの変化などが
    非常にリアリティを持って描かれているので
    最初は面白いのですが途中からはどうにも
    羨ましくてイライラしてくるというかそんな感じでした。

    残念なのが最後があまりによく分からないまま終わってしまうこと。
    余韻を残して終わるとかあとは想像にお任せしますとか
    そういう感じの終わり方ではなく結論を投げちゃったみたいな
    そんな感じの終わり方で消化不良でした。
    ドッキリ企画とかの伏線があるものの最後まで回収せずに
    終わっちゃいますしね。
    もうちょっと納得感が欲しいというかそんな感じでした。

  • くそつまんねー

  • かわいそうな人ねえ。実際はどうかわからないけれど。夢は終わったかな。事細かく書き連ねましたね、少々読むのに疲れた。実際に起こったことも書いているんだろうけれど、うまいような流れでした(脚光を浴びてから陰るに至るまで)。これから先、どういった感じで作品を作っていくのか気になるところです。

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1985年生まれ。2003年『黒冷水』で文藝賞を受賞しデビュー。「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞。『メタモルフォシス』『隠し事』『成功者K』『ポルシェ太郎』『滅私』他多数。

「2022年 『成功者K』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羽田圭介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×