ここから先は何もない

著者 :
  • 河出書房新社
3.19
  • (3)
  • (8)
  • (19)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 137
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309025865

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ここから先は何もない」(山田正紀)を読んだ。あれ⁈ホーガンの「星を継ぐもの」みたいだな。こっちにも『ハント博士』が居るし、オマージュか?と思ったら少し意味あいが違ってました。あとがきで作者ご自身が「星を継ぐもの」について触れてました。
    山田正紀さんの小説読むのは実に40年ぶり。

  • 序盤はショボい話から徐々にはじまっていくので、この厚い一冊を読み切るのは困難かなと思っていたら、話はギュギュッと急展開。
    スピード感と広がりを持って展開し、最後までページを繰る手が止まらなくなる。

    最新のインターネット事情から日米関係、そして宇宙、人類の始まり、さらには生命の起源を超えていく。
    このスケール感、スピード感は、なかなか日本の作品では見られないものだと思う。
    一気に読了。面白かった。

  • 超大作SF。めっちゃ、面白い

  • 内容の難解さと文章の平易さが噛み合わないのか、よく理解できずにページだけが進んでいく。結局最後までよくわからないのは自分の頭が悪いせいなのかもしれないが…

  • 少々回りくどいかな。あと最近のテレビや映画にも言えるのだけど天才的なハッカーが出で来る話は総じて面白くない。昔はこういうのも楽しかったのだけど、、、なんかご都合主義っぽく展開してしまうのがもういいかなと。

  • 201801
    おもしろーい
    どこからがフィクションなんかわからなくなる
    星を継ぐものも読み直そうかな

  • 極上のSFは読むのに体力と知力を使う。
    また、各種用語を『既知のもの』として提示せざるを得ないため、時世に疎い者、理解力の追いつかない者を当然ふるい落とす。

    そうすることで得た推進力と、説得力でもって、物語は面白いコースをたどり、とんでもないゴールに連れてゆく。
    面白いコースであったし、ほどほどの過不足なきエピローグ提示のお蔭で読後も満足している。
    『突飛なゴール』に、説得力を持たすため『だけ』のために、この物語を書いたのではないだろうか。

    流石、山田正紀。デビュー作で神を狩っただけのことはある。

    人物描写は薄いと感じる部分もあるが……これについては、好みの問題である。
    法医学者が、頑健なリーダーを観察して『解剖するのに時間がかかりそう』と評する一文などはその最たる例である。このような、「短い文の少ない情報量で、キャラクター性含めての描写」ができること。
    評者は「過不足ない」と評しておく。

    作中にでてくるO・ヘンリーの短編は『魔女のパン』というタイトルで、青空文庫でも検索可能であることを申し添えたい。(流石に『これ』の内容を全く触れないではいられないので、本文中でもあらすじには触れられる。)

    既に述べたように、時世に疎い者、理解力の追いつかない者をふるい落としにかかる作品である。
    解らない単語に出会う都度、コトバンクを検索する。
    そんな『律義さ』を持った読者ならば、これまでSFに触れたことがなくとも相当に興味をもって読み、引きこまれることであろう。
    ……ただ体力も使うので、それだけは事前に忠告をしておきたい……。疲れた……面白かったけど。

  • 山田正紀の不可能密室SFの剛腕が全力で奮われた一作。

    神的領域だった謎がくるっと一回転し、地に足が着く部分が心地良い。

    最新のIT技術描写も貪欲に取り込んでいるが、業界の片隅で食べている身としてはちょっと違和感が残る部分(米軍にブルートフォースアタックとか、OTPの説明が?だったりとか)もあるので、星-1。

  • 40億年ってもう想像もできない昔からの企み.気が遠くなりそうな話ながら,はやぶさのような宇宙探査機とハッカー達のシステム侵入のミッションインポッシブルのようなスピード感とがミックスされて,よくわからないうちになあなあで大円団.

  • 銀行員OLの日常から始まり、徐々にSFになっていくのが面白い。
    小惑星探査で発見された化石人類の骨格。この謎を最強ハッカーの鋭二や美人法医学者らのチームが解いていく。
    AIが発達すると人類と敵対するような話は良くあるが、そもそも生物(ダーウィン進化が可能な化学システム.)発生の理由と原因(原始AIが環境情報を効率的に得るためには物理的な身体を必要とした)がそこにあるとしたら・・・
    そして人類は今まで順調に発展していたのに、なぜ「ここから先は何もない」のか。
    最終的に鋭二のおかげで人類は助かるのだが、それは、超人工知能が「愛」という概念を理解し始めるきっかけとなるのであった。
    サピエンス全史を覆す、人類誕生の秘密。良いSFでした。
    しかし、米保守派大統領候補がイスラエルの首都をエルサレムと認定するなんて、この話の中だけだと思いきや、実際に起こるとは!この作者には予感できたのかも・・・

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山田正紀(やまだ・まさき)
1974年、『神狩り』(早川書房)でデビュー、同作は第6回星雲賞日本短編部門を受賞した。『最後の敵』(徳間書店)で第3回日本SF大賞を受賞、『ミステリ・オペラ』(早川書房)で第2回本格ミステリ大賞と第55回日本推理作家協会賞を受賞。「神獣聖戦シリーズ」「五感推理シリーズ」など、多数の著作がある。

「2019年 『大江戸ミッション・インポッシブル 幽霊船を奪え』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ここから先は何もないのその他の作品

ここから先は何もない Kindle版 ここから先は何もない 山田正紀

山田正紀の作品

ここから先は何もないを本棚に登録しているひと

ツイートする