日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る

著者 : 青山透子
  • 河出書房新社 (2017年7月17日発売)
3.71
  • (19)
  • (25)
  • (26)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :254
  • レビュー :35
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309025940

日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 客室乗務員(キャビンアテンダント)だった著者が
    JAL123の墜落で 何か違和感を感じたことを、
    コツコツ積み重ねて、書き上げた作品。
    事故ではなく事件であるとしながら、
    著者の目線の素直さと同じ職場で働いたものの
    仲間を悼む立ち場で、書かれていることが、
    なんとも言えず、心の温かさに触れる気もした。

    「後部圧力隔壁修理ミス」という事故原因が
    どうも、不具合の多いことがありすぎる。
    なぜ、墜落した現場が、なかなか特定できなかったのか?
    そして、救助がなぜおくれたのか?
    炭化した黒こげ死体は、何を意味するのか?
    JAL123を追尾していた 
    ファントム2機はどんな役割をしたのか?

    それを、そのとき首相だった 中曽根の動向
    運輸大臣だった山下徳夫運輸大臣の経験とインタビュー
    など、日本をめぐる大きな視点で、
    明らかにしようとしている。
    33年もたって、未だにくすぶり続けている事故は、
    実際は 事件だった可能性があるので、
    それをもっと明らかにせよ 
    というメッセージは当然のことだ。

  • 読めば読むほどそうとしか思えなくなる恐ろしい本…。
    著者は元日航スチュワーデス(当時)で、日航機墜落事故の原因が公式発表にあった圧力隔壁の破壊によるものではないと考えている。
    自分の立場から想像できる現場の状況や、目撃証言、遺族から聞いた当時の日航職員や政府関係者とのやり取りなどを総合して、各分野の専門家にもあらゆる話を聞いている。
    特に、事故で亡くなったスチュワーデスが一緒に仕事をしていた先輩だったこと、事故に遭った便には自分も何度も勤務したことなどから、全くの第三者があれこれ語るよりずっと重みがあったし、真の原因は何なのか?と追及する気持ちも行動力も理にかなっていた感じがする。

    正直言って私はこの本を読んで『ああ、きっとこの本に書いてある通りなんだろうな』と思ってしまったけど、多分これはある側面であって、ここに書かれていたことを否定する意見や見解は山ほどあるのだろうとは思う。
    いずれにしても私なんかが、きっとこうなんだ!と断定することは出来ないけど、妙に納得してしまうような内容が書かれていた。
    何故救助が遅れたか、何故前方に座っていた人達の遺体は焼けた上に炭化まで進んでいたか、墜落現場が特定できないと発表を引き伸ばしたのは何故なのか…など、書かれていたことが本当ならば恐ろしい事この上ない。

    ある日航職員の話として
    『原因は私達が死んだずっとずっと後にいつかはわかることだから』
    というのが書かれていて余計に信憑性が高いと思ってしまった。

    知らぬが仏という言葉があるけれど、それは当事者に通用しない。私は今までそちら側の立場になったことがないから呑気にしていられるけど、将来そちら側に立つ場面がもしあるとしたらどうなってしまうのだろう?
    情報を隠し捏造する組織に立ち向かっていけるのだろうか?と考えてしまった。
    私達が死んだずっと後に原因を明らかにして何の意味があるんだろう。
    亡くなった人は戻っては来ないけれど、自分達がどうして恐怖の末に死ななければならなかったのか、遺族の思う自分の家族や大切な人が奪われた理由をせめて明らかにして、安らかに眠らせてあげたい気がする。

  • 真相に迫ると言いつつ、結局解明してないし、元日航スチュワーデスで、墜落機の乗員と一緒に仕事をしていたとか、昔祖母は馬車で通学してたとか著者自身のことがやっぱりいちいち鼻について不快。

  • 墜落時にファントム機2機が追尾しており、練習用ミサイルの標的になっていた模様。人命救助より隠ぺい工作が行われ、多数が見殺しにされた。

    本書には論文的に裏付けのある事実のみしか書かれていませんが、その後のネット記事などが補完してくれているので、存在意義は大きいと思います。

  • 御巣鷹山の日航機事故から33年も経ったのかと思ってしまう。圧力隔壁の事故としか認識していなかったのに、この本を読んで様々の疑問を突きつけられると今更ながら本当の真実がどこにあったのか考えさせられる。

  • 元客室乗務員が亡くなった同僚の無念を晴らすべく、執念の取材を行い、証言を集める。特に墜落現場の地元の子どもたちの証言が、よくとってあったと感心する。気になったのは大きく2つ、墜落現場の特定が一晩もかかったことと、原因調査の杜撰さである。前者は子どもたちの証言にもあるように、墜落直後から多数のヘリや車両が現場に向かっていたにもかかわらず、救助活動を一切行わなかった。何か都合の悪いものを探し、処分する、つまり隠蔽するために活動していたとしか思えない。後者は真相究明できるはずもなく隠蔽の片棒を担いでいるので、意図的なサボタージュともとれる調査しかしなかった。
    状況を整理すると自衛隊の艦船から発射された誘導弾とミサイルが飛行機に命中してしまい、自衛隊機による誘導で横田基地に着陸しようとしたができず、やむなく人家の少ない山中に不時着しようとして失敗した。自衛隊はミサイルの存在を隠そうとして、人命救助より隠蔽を優先した…これが真実だと思われる。

  • 日航123便はミサイルで撃ち落とされた!!
    なんだか、トンデモ本かなァ~
    ッと思ったが、北朝鮮の拉致もの人が多くの人がそのたぐいだと思ってたが今や常識として認識している。ことを考えると、意外と真実に近いかも。
    この本では触れていない、4人の生存者の証言が鍵か?
    前に読んだ清水氏の「殺人犯はそこにいる」と比べ、チャッチイ!

  • この本を読んだ後、「JAL123便墜落事故 自衛隊&米軍陰謀説の真相」(杉江弘著)も読んだ。
    杉江氏の本は、青山氏の本の反論のようであるが、根底にあるのは同じだと思う。
    それは、この大事故を国や企業は検証し直して、再発させないようにして欲しいということだ。
    その過程で陰謀が見つかれば徹底的に叩けば良い。

  • ここまで調べ挙げた著者の方に感服です。よくこの本、出版できたなあというのが正直な感想です。当時は「大惨事」くらいにしか思っていませんでしたが、裏に隠された事実は「ある」のだと思います。
    33年もたつと何もかもが曖昧になりそうですが、真実がしりたいものです。情報が風化しないことを祈るばかりです。

  •  著者は東京大学大学院を卒業、現在は大学や専門学校で教鞭をとっているが、日航123便が御巣鷹山に墜落した当時は、日本航空客室乗務員、当時の呼称でスチュワーデスだった。この事件では(「事故」と呼ぶのはためらわれる)機長をはじめ、勤務中だった乗務員は全員亡くなったが、彼ら、彼女らは、著者のよく知る先輩であり、友人であった。本書は著者が、当時日航に勤務していた者の責任として、また、尊敬していた先輩たちへの恩返しとして、いくつもの疑問を多く残したまま風化させられようとしているこの事件を丹念に調査し、後世にきちんと伝えるべく著わした記録である。
     この事件は、墜落の原因そのものの調査がきちんとは行われておらず、墜落機の発見を意図的に遅らせ、救えたはずの命を見殺しにしたように思える疑いが濃厚と言われている。それを「陰謀論」と軽く片付けるには不可解な点が多すぎることを、本書は説得力を持って語る。例えば、墜落したとされる場所が二転三転したのは、現場の特定が困難だったからとしながら、実は墜落後ほどなく現場を発見していた米軍機は救助を行わず引き返すよう指示されているし、123便を追尾する2機の自衛隊機が何人もに目撃されている。ここまでは他の関連書にも書かれていることだが、本書で注目すべきことは、著者が小中学生の文集に着目したことである。
     墜落現場である上野村の小中学校では、事件が子どもたちの後の人生に活きるよう、また、犠牲者への供養となるよう、その日見たこと、感じたことを生徒が書き、それを文集にまとめていた。「小さな目は見た」(小学校 148名分)、「かんな川5」(中学生 87名分)の2冊である。この手書きの文集の記述は信頼できる。詳しくは本書を読んでほしいが、子供たちが、記憶が鮮明なときに書いたものは正直であり、何らかの意図を持って事実を曲げて書くことなど、まずありえないからである。
     著者は、事実はこうであったという結論は述べていないが、子どもたちが書き残した証言を参考に、これまで指摘されてきた不可解な点をさらためて検証すると、恐ろしいことが、大変現実味を帯びて浮かび上がる。
    最後に、著者の思いを引用しておく。
     「この事件で命を落とした人への供養は、まだ生きている関係者が「真実を語ること」、それだけである。そして私たちに出来ることは、長い歴史の中で一時的な政権に惑わされることなく、それぞれの場でゆがみのない事実を後世に残す努力をし続けることではないだろうか」
     是非とも一読を。

全35件中 1 - 10件を表示

青山透子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柚月 裕子
三浦 しをん
西川 美和
相場 英雄
又吉 直樹
國重 惇史
池井戸 潤
池井戸 潤
ジャレド・ダイア...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫るはこんな本です

日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫るを本棚に登録しているひと

ツイートする