感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人もちがえば時代もちがうので、面白かった

  • 書く人によって、面白さが違った。

  • こぽこぽ、よい。こぽこぽ。

  • 珈琲の話がまだ出てなかったのか。
    作家さんたちにはもってこいの題材。
    どの話も深い。
    美味しい珈琲が飲みたくなりました!

全24件中 21 - 24件を表示

著者プロフィール

阿川佐和子

1953年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。エッセイスト、作家。99年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で第15回坪田譲治文学賞、08年、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年、『聞く力――心をひらく35のヒント』が年間ベストセラー第1位、ミリオンセラーとなった。14年、第62回菊池寛賞を受賞。

「2019年 『いい女、ふだんブッ散らかしており』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿川佐和子の作品

ツイートする