感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みたい本の、隣の本棚にあった本。

    ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。
    「こぽこぽ」という表現だけで、なんだか心がほんわか温かくなってしまったから、不思議です。
    言葉って、すごいですね!

    内容もこれまた意外!
    「珈琲」にまつわる様々なエッセイを集めた本だったのです。
    しかも各エッセイの著者は、現代の方から100年前の方まで様々でした。

    ひとつエッセイを読んで次のエッセイにいくと、ガラッと文章の雰囲気が変わるので、読みにくいと感じる方もいるかもしれません。

    言いかえれば、様々な時代、様々な人たちの珈琲と日常を味わえる本だとも思います。

    自分にあわない珈琲は読み飛ばしつつ(苦笑)、自分に合った珈琲エッセイをぜひ、ひとくち、読んでみてください。

  • 有名作家のコーヒーにまつわる短編小説だと思い期待していたがエッセイ集のようだった。
    有名方や好きな作家さんの作品が読めたので良かった!

  • ラムコーヒー飲みたい…冬じゃないけど。

  • コーヒー大好きです。
    飲み方はブラックです。

    生豆を家で焙煎していたこともありますが
    私は自分で淹れるコーヒーというよりは
    淹れてもらうコーヒーが好き。

    お気に入りのお店のコーヒーは
    「浅めの珈琲」「普通の珈琲」「深い珈琲」の3種類。
    潔くて好きです。

    コーヒー好きのコーヒーのお話は
    どれも興味深かったけれど、
    戦争の時に豆がなくて、
    なんて話を読むと色々いうのは気が引けてしまいます。

    いろんなものの発達で
    安定した味を提供できるようになったコーヒーだけど
    こだわりの一杯を出すお店が増えたらいいなぁ。

  • 珈琲が大好きです。
    でもこの本にエッセイを寄せた一部の文筆家と同じく、豆の種類にも焙煎にも拘りは全くありません。砂糖もミルクもドバドバ入れちゃうから、味についても語れません。でもコーヒー、美味しいです。
    お馴染みのこのアンソロジーシリーズは今回は珈琲。
    一家言ある人は詳しく語っておられるし、珈琲を憎んですらいる人もいて、多岐にわたった内容が面白かったです。
    にしても昔の作家先生方は傍若無人というか、拘りにクセがあるというか。思わず苦笑したくなる大御所の文章もありました(^_^;)

  • 2018.06.10 図書館

    色々な作家さんによる珈琲の思い出エッセイ。
    戦前から現代まで。珈琲の香りはいつの時代も魅惑的。
    おいしい文藝シリーズはこの他にも色々あるよう。
    読んでみたいですねー

  • やはり珈琲通の人は自分で珈琲を入れるんだね(^^;)私はいつも人に入れてもらっている珈琲で満足♪幼い頃はいつもメロンクリームソーダで、大人になったら珈琲!と憧れていたけれど、今は毎日何とも思わずに飲んでいるな~(^^;)

  • コーヒー通ではないけど、コーヒー好き。昔からコーヒー好きはいたのだなあって思う。さらっと読める本。常盤新平さんの『ある喫茶店』が良かった。是非行ってみたいと思う喫茶店でした。

  • 色々な本や雑誌に過去に掲載された珈琲に纏わる
    色々なエッセイを31篇まとめた本。

    結構昔の話が多くて、いわゆる喫茶店あるある的な感じ。
    思わず笑えるエピソードも有って軽く読むには良いかも。

  • 書く人によって、面白さが違った。

著者プロフィール

阿川佐和子

1953年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。エッセイスト、作家。99年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で第15回坪田譲治文学賞、08年、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年、『聞く力――心をひらく35のヒント』が年間ベストセラー第1位、ミリオンセラーとなった。14年、第62回菊池寛賞を受賞。

「2019年 『いい女、ふだんブッ散らかしており』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿川佐和子の作品

ツイートする