温泉天国 (ごきげん文藝)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 32編の温泉エッセイ。温泉が好きなので、読んで見たんだけれど、文豪たちの作品、なんて豪華なんだろう、驚き、喜んで読んだ。時代を感じるなあ(それもいいんだけれど)、若い方の作品も入れて欲しかった気もするが。宮沢賢治のお話には驚いた。田山花袋で締めくくるのはやはりか。

  • いろいろな作家さんのいろいろな話

  • 何が驚いたって。太宰治の文え章なんて初めて読んだ☆川端康成とか田山花袋とかwテーマは温泉だけどね。

  • 温泉にノンビリ一休みしたいなぁ、、、

    河出書房新社のPR
    おとなの愉しみを伝えるエッセイアンソロジー「ごきげん文藝」。第一弾は、日本中に点在する「温泉」をテーマにしたエッセイ32篇を収録。ぽちゃんと浸かれば、そこはまさに天国です。
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309026428/

全4件中 1 - 4件を表示

嵐山光三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

温泉天国 (ごきげん文藝)はこんな本です

ツイートする