感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 32編の温泉エッセイ。温泉が好きなので、読んで見たんだけれど、文豪たちの作品、なんて豪華なんだろう、驚き、喜んで読んだ。時代を感じるなあ(それもいいんだけれど)、若い方の作品も入れて欲しかった気もするが。宮沢賢治のお話には驚いた。田山花袋で締めくくるのはやはりか。

  • 寒い季節、思わず入りたくなる温泉。日本全国には様々な温泉があり、そこはいくつもの物語が創作された場所でもあります。
    『温泉小説』はそんな温泉をテーマにした本を集めたアンソロジーで、19人の作家による20の短編が集められています。
    『温泉天国』は32人の温泉に関するエッセイ集。
    どちらの本も近代から現代までの作品が収められているため、時代ごとの温泉の違いについても知ることができます。(『温泉小説』はミニ展示“湯ったりほかほか温泉の本“でも取り上げました)

  • 太宰治と角田光代の話が印象に残ってる。
    太宰治が少女の裸体を「いいもの見た」って書いてる様子がおいおいと思いつつも、その時の情景描写が美しく印象的なので、これが文才なのだな、、、と思う。
    角田さんの話はせつなくて共感できるものだった。

  • 角田さんのお母さんの誕生日に毎年行くという温泉エピソードにうるっとした。

  • いろいろな作家さんのいろいろな話

  • 何が驚いたって。太宰治の文え章なんて初めて読んだ☆川端康成とか田山花袋とかwテーマは温泉だけどね。

  • 温泉にノンビリ一休みしたいなぁ、、、

    河出書房新社のPR
    おとなの愉しみを伝えるエッセイアンソロジー「ごきげん文藝」。第一弾は、日本中に点在する「温泉」をテーマにしたエッセイ32篇を収録。ぽちゃんと浸かれば、そこはまさに天国です。
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309026428/

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

一九四二(昭和十七)年、静岡県生まれ。平凡社『太陽』編集長を経て独立、執筆活動に専念する。八八年『素人庖丁記』により講談社エッセイ賞受賞。二〇〇〇年『芭蕉の誘惑』で、JTB紀行文学大賞受賞。〇六年『悪党芭蕉』により泉鏡花文学賞、〇七年読売文学賞をダブル受賞。他に、『文人悪食』『「下り坂」繁盛記』『追悼の達人』『文士の舌』『枯れてたまるか』、磯田道史氏との対談『影の日本史に迫る』など著書多数。

「2019年 『ゆうゆうヨシ子さん ローボ百歳の日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嵐山光三郎の作品

ツイートする