澁澤龍彦の記憶

制作 : 菅野昭正 
  • 河出書房新社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309026572

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 澁澤龍彦については、『高岳親王航海記』とか、そういう有名なものをいくつか読んだ程度で、好きな作家と呼ぶには到底憚りがあるので、気になる作家と呼んでいる。どこが気になるかというと、時代を語らないという点である。私が寡聞にして知らないだけかもしれないが、彼が自分の生きた時代について書いているのに出会ったことがない。そういうところが、時代を超越した作家なのかもしれない。
    本書は澁澤龍彦没後三〇年を記念して開催された連続講座の書籍化である。本にするにあたってだいぶ手を入れているとは思うが、語りがベースになっているので読みやすい。
    執筆陣の顔ぶれは、澁澤さんと同世代の方から、一回り二回り下の世代まで含まれる。澁澤さんと直接交流のあった方もいれば、そうでない方もいる。だが、いずれも「澁澤龍彦の時代」を生きた方々である。その方々の記憶を通して、澁澤龍彦という大きな存在の人物像が浮かび上がってくる。
    あらためて言うまでもないが、澁澤龍彦は博学(という言葉では表しきれないが)の人である。その広大無比な作品世界に親しむためには、本書のような「記憶」が必要ではないか。そう実感する。

  • ◆時空を超えて生きている[評者]カニエ・ナハ(詩人):澁澤龍彦の記憶 菅野昭正編 巖谷國士、養老孟司、池内紀、中沢けい、酒井忠康 著:Chunichi/Tokyo Bookweb(TOKYO Web)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2018072902000174.html

    河出書房新社のPR
    没後30年を迎えて世田谷文学館で開催された「連続講演」をもとにまとめたエッセイ集。記憶から甦る「澁澤さん」の生きた姿、世代としての姿勢、思考の源泉がわかるとっておきの一冊。
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309026572/

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1942年東京生まれ。東大大学院修了。仏文学者、批評家、エッセイスト。明治学院大学名誉教授。著者に『シュルレアリスムと芸術』他、『澁澤龍彦の時空』など、訳書にブルトン、ドーマル、エルンストなど多数

「2018年 『澁澤龍彦の記憶』 で使われていた紹介文から引用しています。」

巖谷國士の作品

ツイートする
×