出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

著者 : 花田菜々子
  • 河出書房新社 (2018年4月17日発売)
4.23
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :367
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309026725

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元ヴィレッジヴァンガードの店長が「出会い系で出会った人に本を勧める」ことをしてみた顛末記。
    基本的には性的な期待をして会いにくる人をいかにかわし、本を勧めるかにトライする。
    その過程で本人は離婚し、職も変わる。今の時代だからこそあり得る異色のエッセイ。
    個人的には面白かった。

  • 人間の、どうしようもない面と、聖なる面、どちらもが書かれている。

  •  楽しく読めばいい。奔放でユーモアあふれる語り口でスラスラと読み進めてしまう本だ。けれども、射程は広大だ。抱えているテーマは実に現代的で、出版業界の本質を示してさえいるように思われる。

     1. 著者・花田さん自身の成長物語。ひとりの書店員が出会い系サイトを通じて本をオススメしていく喜びをかみしめながら、自身の本当にやりたいことを再確認していく物語(ネタバレは避けておく)。

     2. 花田というパーソナリティによって示される、さまざまな価値と在り様の相対化。女性一般が抱えるであろう結婚、仕事といったあらゆる悩み。焦燥感。出会い系サイト「X」の在り様、そこを利用する男女、その善し悪しー。
     花田さんは自らの行動によって、すべてを相対化する。結婚に悩まなくてもいい。仕事も、抱え込みすぎなくていい。出会い系サイトは悪そのものではないーむしろそこから始まったリアルな友人関係がある。

     3. 公になることが少ないであろうヴィレッジヴァンガードという書店の特徴と、その変容を知るためのドキュメント。ヴィレヴァンでは学歴や容姿よりも、人間の面白さやエピソードが評価される、というあたりは単に面白い。が、むしろ示唆に富む大事なポイントは、ヴィレヴァンという「書店」におけるカルチャーの変容にあろう。本から雑貨へ、メイン商材が移り変わる経緯が示される(それは世間一般における「書店」の変容ともパラレルなものだと感じられる)。著者はそのカルチャーの変容を前に、一つの決意を固めることになるだろう。

     もちろん、これが全てでもないのだろう。沢山の読み方、読まれ方がある本だと感じている。

  • 本が好きなことがきっかけとなり、出会い系サイトで出会った人にその人に合いそうな本を紹介するっていう風変わりなところから発進した花田菜々子のエッセイ。

    続けていたら、いつのまにか自分の周りに関わる人も増えていたし、数分でこの人どんな人ってわかるような感じになっていた。

    出会う人それぞれ変わった人が多いけど、実は自分のやっていることも案外へんてこなことだったりする。場合によっては、他者から見ると面白いと言われる領域になっていたりする。

    本との出会いは人それぞれだし、特に縛られる必要もない。なんとなあく暇だなって思うときにも読めるし、半分真面目、半分不真面目にも読める本かな。

    自分の好きな本を誰かに知ってもらいたい、読んでもらいたいって思うことがあるように。誰かから自分に合いそうな本を紹介してもらいたいってこともあると思う。
    読みたい本がなく迷っている人にはライトな感じでとっかかりやすく、次に読みたい本も自然と見つかってきそうでおすすめ。

  • 読書賛歌・青春賛歌・自由賛歌。
    自由に楽しんで生きていく意味を教えてもらったような気がする。

  • 著者はヴィレバン,TSUTAYAを経て,女性のための本屋として話題のHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEの店長になった人。

全6件中 1 - 6件を表示

花田菜々子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村夏子
宮下 奈都
佐藤 雅彦
村田 沙耶香
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のことはこんな本です

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のことを本棚に登録しているひと

ツイートする