出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

著者 :
  • 河出書房新社
3.99
  • (160)
  • (224)
  • (114)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 2576
レビュー : 256
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309026725

作品紹介・あらすじ

夫に別れを告げ家を飛び出し、宿無し生活。どん底人生まっしぐらの書店員・花田菜々子。仕事もうまく行かず、疲れた毎日を送る中、願うは「もっと知らない世界を知りたい。広い世界に出て、新しい自分になって、元気になりたい」。そんな彼女がふと思い立って登録したのが、出会い系サイト「X」。プロフィール欄に個性を出すため、悩みに悩んで書いた一言は、「今のあなたにぴったりな本を一冊選んでおすすめさせていただきます」—。

「とんでもなく面白い」「続きが早く読みたい! 」「もう映画化とか決定してるんじゃ……?」
ネットで話題沸騰のあの衝撃の連載が、まさかの書籍化!
悩みまくる書店員・花田菜々子が初めて書いた、大人のための青春実録私小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはリアル‘ぼうけんのしょ’だ。
    ‘本’という‘武器’を手にし、難攻不落に思えた‘他人’とつながり、人として1upも2upもしていく様をヒヤヒヤ、ハラハラ、そしてワクワクドキドキしながら読んだ。

    ヒヤヒヤ、ハラハラしたのは著者の花田さんが思い込んだら一途というか、変な方向に生真面目なところがあるから。
    『出会い系で人と会ってその人に合う本をおすすめしまくる』...って思考がぶっ飛んでいる。

    なんとなく佐藤多佳子さんの『しゃべれどもしゃべれども』を思い出した。口下手で不器用な人々が若き落語家の元に落語を学びに来る、というストーリー。「なんで?落語学んでもおしゃべりは上手くなんないような」という読者と先生になる若き落語家の戸惑い。でも彼らのどこか切羽詰まった真剣さに心打たれていつしか応援するようになっていく。

    花田さんも終始危なっかしい。なので目が離せなくなるのです。

    ワクワク、ドキドキしたのは、もしかしたら一歩踏み出せばそこに『私にも』違う世界が拡がっているのかもしれない、と思わせてくれるから。ネットの向こうに、街並みの書き割りだと思っていた風景に、あるいは憧れの店のレジの内側に。ああ、世界って広い。人って面白い!
    目の前がぱあっと拡がっていく感じ。

    彼女の体験を‘読む’ことで読んでいる『私にも』力がわいてくる。能町みね子さんが帯に『強烈な自己啓発本』と書かれているのにも納得。...だからって真似をするわけではありませんが。

    ...そうだよね。全部自分で決めていいんだね。人生も、幸せも。どう見られるか、どう思われるかなんて、そんな『評価』は他人に任しておけ。...そう強く思いました。

    タイトルがちょっとでも引っ掛かる方は是非是非ご一読を。

  • Web連載を存じ上げなかった僕は、失礼ながらタイトルと装丁だけを見て、エロ系かと思い警戒した。

    著者名は見ずに、男性の著者と勝手に思い込み、

    オヤジが出会い系でついてきた女の子に「こんなことしちゃダメだよ」と諭しながら「君はこの本を読みなさい」と本をすすめる話

    かとイメージしてたら、全然ちがった。

    著者の花田菜々子さんはアプリで出会いを繰り返して、その人が必要としてると思われる本をすすめていく。
    様々な人に出会うことで、人生をとても豊かで素敵なものにしていく、自分探しの物語。

    豊かな人生に触れると自らの心も豊かになる。
    元気になる一冊。

  • 元ヴィレヴァンの店長で旦那さんと離婚というステータスの筆者が30分おしゃべりする出逢い系サイトに登録して本をおすすめしてみる、という試みなんです。

    タイトルとあらすじだけ聞くと、けっこう異色というか、突飛な内容に見えるんですが、筆者が求めていたのは普遍的な心の繋がりであって、それがたまたまこの時代にこういう形取っただけなんだろうなと思います。そしてそれを本という媒体を通して模索したんだなぁと思うとグッとくるものが。

    文体は軽妙で、仔細に話せばドン引きしてしまうようなイベントは簡潔にライトに仕上げてあります。
    他なる体験談の読み物としても楽しく読めます。

    当たり前なんだけど、いい人もいれば悪い人もいて。
    それでも新しいところに飛び込んでいった筆者の行動に勇気をもらえるエッセイです。
    自分もなんでもいいからなにかやってみよう、と思えます。

  • 元ヴィレッジヴァンガードの店長が「出会い系で出会った人に本を勧める」ことをしてみた顛末記。
    基本的には性的な期待をして会いにくる人をいかにかわし、本を勧めるかにトライする。
    その過程で本人は離婚し、職も変わる。今の時代だからこそあり得る異色のエッセイ。
    個人的には面白かった。

  • 後半で著者自ら言及している、本をすすめるということの上から目線。
    それとは別に、描写の上から目線をわりと感じた。

    文章を書く行為はいくらかの客観性が必要で、といった私の先入観が、情緒不安定や変な人といった著者自身の描写を歪ませてるのかも。

    だって、やっぱり著者と序盤で出てきたセックスしたい人を比べたときに、圧倒的に後者のが気持ち悪い風に書かれているように見えた。

    人間讃歌ではあったが、人間という枠組みはとても恣意的に決められてるんじゃないかなあっと。

  • 年齢も近く本が好きという共通点もあってか性別が違うのに何故かシンパシーを感じながら一気にその日のうちに読み終えた。それほどどうなるのか自分ごとの様に先が気になる内容と面白さ読みやすさだった。僕は周りにいたら絶対出会い系危ないってと通り一遍のことをしたり顔に注意する著者からみて箸にも棒にもかからない詰まらない男だったであろうなと何の得もない苦い想像をした。ともあれ最終的に著者はこれからの人生を決める決断をした。こういう生き方をする人が日本のどこかに普通に生きているということがとても豊かで何と素晴らしいことだろうかとジンときた。これもひとえに本が出版されたから知ることが出来た事実。本にありがとうと言いたい。これからももっとたくさん読もうと思う。

  • すごくよかった…!

    世の中には本当にいろんな人がいて、いろんな人生があるんだなと思った。この本の作者含め。

    誰とどんな風にどんな話をして、それを通して作者がどう感じたかをすっきりかつユーモアにまとめていて、一本の映画を見ているみたいだった。

    自分から肯定的に動くとこの世の中も思っているよりずっと面白いんだと思えて、明日からがんばる力がもらえるような本でした!

  • タイトルそのまんま。
    夫との関係がうまくいかなくなって別居して、大好きだったヴィレヴァンでの仕事も路線が合わなくなり行き詰まり……。
    そんなときに天啓のようにみつけたのが出会い系サイト。
    私はてっきり、セックス後にその人への一冊を考えて薦めるみたいな感じだと思っていたのですが全然健全でした。
    サイト内の登録者と30分ぐらいカフェでお茶して話しましょう、というコンセプトらしいです。
    その30分で出会った相手を知りその人に合いそうな本を薦める、という。めっちゃ楽しそう。
    私も本を読んではすぐ「この本あの人に読ませたい!」とか「あの人絶対にこの本好きだと思う!」とか考えちゃうタチなので、とても興味深く読めました。
    この著者が店長をしている日比谷コテージには何度も行っていて、行くたびに選書と陳列が素晴らしいなぁといつも感嘆していたのですが、その秘訣がすこし分かった気がします。
    本は人と人をつなぐ架け橋になると、薦められた本はだれかにとってのお守りになると、本にはそうした力があると、私も信じています。
    読書家もそうでない人も、本を介せばみんな少しだけ無防備になって寄り添えることができる。

    停滞する漫然とした日々に気が滅入っているところだったのですが、読んだ後すごく前向きになれました。
    なんでもいいから仕掛けてやろう!行動してやろう!自由にもっと飛び出してみよう!とやる気が満ちてくるのを感じます。

  • タイトルままなのであらすじ割愛。

    夢中になって読んだ。めちゃくちゃ面白い!
    書店員が書店から飛び出して書店員の仕事をしまくる話。
    こんなすごい人がいるんだな。俄然会ってみたくなった。
    元ヴィレヴァン店員の方なので、紹介する本もサブカルっぽい本ばかり。読みたい!→図書館で蔵書検索→蔵書なしの連続で笑えた。

  • 何も考えずにくだらない本を読んで笑いたい…まるでガキ使を見るように…と思ってたら、出会った一冊。タイトルやポップな表紙そのままに、期待を裏切らずゆるくてポップ。反面、花田さんの真面目さに安心感も感じる。

    表題にある通り、出会い系サイトで知り合った人に本を勧めまくるエッセイ。
    花田さんのレコメンドが、どれも刺さりすぎてすごい。いや、もしこれが事前に「僕はどういう人で事前にどういう本を読みたくて~」って話を聞いていて、花田さんがすべて準備していってるのであれば、まぁわからないでもない。
    でも、会ったばかりの人に、その場でレコメンドするこのスキル…。やっぱり本を読む人はアウトプットも凄いんだなと。本、よもう。

    ゆるくげらげら笑うはずだったのに、今まさに悩んでいることのヒントを2つゲットした。

    「大勢がいる場所の中でうまく輪の中に入れなかったり、内輪のノリについていけないのは最初はしんどかったし、そうなってしまうことは恐怖だったが、すべての会で前からそこにいた人のようになじむことなんてそもそも無理だし、つまらない場だってたくさんある、とあきらめてしまえば、ついていけないことも恐怖ではなくなっていた。無理になじもうとせず、本当に笑いたいときだけ笑おうと思っていると、いることがラクになる。」
    「私が突き付けられているようがしていた普遍的な議題ー『独身と結婚しているのとどちらがいいのか?』『子供を持つべきか持たないべきか』-そもそもの問いが私の人生の重要な議題とずれていたのだ。」

    いろんなことが一周回って、花田さんの言葉がささる。自分の正解は自分で決めよう。本を読もう。

全256件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

花田菜々子(はなだ ななこ)
1979年、東京都生まれ。「ヴィレッジヴァンガード」に長年勤めたのち、「二子玉川蔦屋家電」ブックコンシェルジュ、日暮里「パン屋の本屋」店長を経て、現在は日比谷シャンテ内にある「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」店長。本人いわく「流浪の書店員」。
代表作に『出会い系サイトで70人と実際に会って その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』(略称・であすす)があり、35000部のスマッシュヒットを記録。編著書に『まだまだ知らない夢の本屋ガイド』(朝日出版社)がある。

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のことのその他の作品

花田菜々子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
今村夏子
若林 正恭
恩田 陸
村田 沙耶香
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のことに関連する談話室の質問

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のことを本棚に登録しているひと

ツイートする