感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 吉田さんを見習って、酒まみれな1冊を入れておきます。そうそうたるメンバーが書いた自分自身の飲酒に関しての話を集めたものです。山本周五郎、太宰治、坂口安吾、池波正太郎、埴谷雄高、吉川英治、、、私の飲みなんか可愛いものだという気もしてくる、豪のモノたちの洒落にならないエピソードばっかり。。。一人だけカルヴァドスを取り上げていますよ。嵐山光三郎です。もっとも、フランスの大臣の言動に腹立てて、秘蔵していたカルヴァドスを下水に流すというエピソードですが。”捨てたカルヴァドスは二年前にパリで買った逸品で、パリ祭のときに飲むリンゴのブランデーだった。捨てるときは、もったいなくなって一口飲んだ。けちな自分が情けなく悲しい味がした。”

    • yoshiken1963さん
      こんな素敵な本があるなんて! ぜひとも入手します。
      こんな素敵な本があるなんて! ぜひとも入手します。
      2020/11/15
  • えぇ~ほろ酔いじゃないでしょ(--;)というエッセイの数々(^^;)まぁ楽しく呑めれば、それでいい(*^^*)

  • 屈辱から生じるしこりを屈ジコと呼ぶ。屈ジコは酒精に溶けやすく湯呑一杯の酒があれば跡形もなくなってしまう。人は屈ジコが溜まってくると本能的に新橋のガード下へ出掛け、これを溶かしている。但し、酒は屈ジコを溶かす一方で頭脳をアホにしてしまう。酒というものは呑むほどに愉快なフィーリングが覚醒し二杯三杯と盃を重ねてしまうもの。場合によっては廃人になることも。まことに困ったことではあるが、世の中にはこれらの諸問題を一気に解決手段てくれる。んむむむ。そんな手があったのか。びっくらこいた。
    明治から平成までの著名作家による酒にまつわるアンソロジー。中には下戸の人もいるが、読むほどに酒興はそそられる。今宵はしっぽり酒に浸ろうか。

  • ほろ酔いアンソロジーでしょうかw。大竹聡、吉村昭、太宰治、坂口安吾、若山牧水、佐多稲子、平松洋子、角田光代、森茉莉、等41人の方々のエッセイが収録されています。若山牧水の歌がみなさんの気持ちを代弁してると思います(^-^) ①それほどにうまきかと ひとの問ひたらば 何と答へんこの酒の味 ②白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり ③人の世にたのしみ多し然れども 酒なしにしてなにのたのしみ (^-^) 2018.5発行。

  • 作家は酒を飲んで仕事ができる、酒で不覚にはならない。不覚になる為に飲むのでなく、思案し語り合う為に飲む、こうありたい。

    • ikkeiさん
      語るよ。おんなじ話ばっかりだったりするけど、面白いんだ!
      語るよ。おんなじ話ばっかりだったりするけど、面白いんだ!
      2018/09/08
    • kiyop92さん
      だな!
      だな!
      2018/09/08
  • 昔も今も酒好きは変わらない。それでも今夜も酒を呑むのだ。

    • kiyop92さん
      先程読了、週に1日は休肝日と思いつつ帰路の車中で缶ビール(^^)
      先程読了、週に1日は休肝日と思いつつ帰路の車中で缶ビール(^^)
      2018/09/08
全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
綿矢 りさ
西 加奈子
ヨシタケ シンス...
湊 かなえ
三浦 しをん
ヨシタケシンス...
伊坂 幸太郎
森見登美彦
宮下奈都
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×