一瞬の宇宙

著者 :
  • 河出書房新社
4.14
  • (7)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309027036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一瞬の宇宙を切り取るために、どれほどの時間と労力を費やしておられるのかが伝わります。
    それらが私たちに届けられ、今こうして目にできていることが、奇跡のように思えます。

  • カガヤさんのプラネタリウムを見た帰りに購入。
    ウユニ塩湖やボリビアなど、プラネタリウムで見た場所が撮影時のエピソードと共に振り替えることが出来る。

    印象的だったのは、準備が大切という教訓を得た高校時代のはなし。
    そして、明日があるとは限らないから好きなことをする。
    会いたい人には会いに行く、というそのスタイル。
    なぜか今すごく心に染みた。

  • 1 宇宙の中の小さな自分に出会う
    2 想像の中の風景を追いかけて
    3 想像を超えた何かと出会うとき
    4 宇宙の刹那の中で

  • 見たい景色があれば、待たずに自分から動く!行っても見れるとは限らないけど、ただ待つより確率はぐっと上がる。

  • スゴく綺麗ですね❗

    いつもそばにある風景だけど、ほんの一瞬の景色が心を揺さぶる。
    うまく言葉には出来ないなぁ。。。
    そしてその一瞬を写すための準備がスゴい…

  • 星空写真家KAGAYAさんの初フォトエッセイ。
    写真集と同じく読み終えて、ほぅ、、と感嘆。
    なんという熱量だろう。好きなことへ向かうパワー。
    一瞬、そのときにしか見れない景色を撮っている。
    会いたい景色に会いに行く。
    そういわれて改めてKAGAYAさんの写真に心奪われる理由がわかった気がした。
    「空をご覧ください」
    どんなに大変な毎日でも、その声に応えられる自分で有りたいと思う。

  • 「空をご覧ください」。
    KAGAYAさんはSNSで写真を見せてくださるとき、いつもそう仰います。そのお気持ち、美しい光景を撮影する逸話等、KAGAYAさんのお人柄が頁を捲る毎に伝わってきます。「今しか見えない」頭上の空、星、月を眺めてみたくなる、そんな一冊だと思います。
    空はひとつです。KAGAYAさんも読者の私達も、同じ空と星の光を見ています。それは紛うことなき「奇跡」なのだと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1968年生まれ。絵画制作をコンピューター上で行うデジタルペインティングの世界的先駆者。奇跡の作品で人気の星景写真家。『画集 銀河鉄道の夜』写真集『星月夜への招待』『天空讃歌』『悠久の宙』など。

「2018年 『一瞬の宇宙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

KAGAYAの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
西 加奈子
佐藤 雅彦
エラ・フランシス...
トーン テレヘン
辻村 深月
今村夏子
宮下 奈都
島本 理生
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする