感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫あるある

  • 猫と著名人たちのエッセイ 古今東西

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

明治二十二年(一八八九)、岡山市に生まれる。六高を経て、大正三年、東京帝大独文科を卒業。この間、漱石の知遇を受け、門下の芥川龍之介、森田草平らを識る。以後、陸軍士官学校、海軍機関学校、法政大学などで教鞭をとる。無気味な幻想を描く第一創作集『冥途』をはじめとして『旅順入城式』『南山寿』『贋作吾輩は猫である』『実説艸平記』『阿房列車』などの小説や、独自のユーモア溢れる随筆『百鬼園日記帖』『御馳走帖』『新方丈記』『百鬼園随筆』など多くの著作がある。昭和四十六年(一九七一)四月、八十二歳で没。

「2017年 『大貧帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田百閒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする