パートタイム・デスライフ

著者 :
  • 河出書房新社
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309027890

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編を集めた本だけど、各編に緩やかというか、強引な繋がりがあり、笑わせてもらった。しかも、話の筋はめちゃくちゃなのに、馬の調教についてのやけに詳しい方法が長々と書いてあったりして、ついつい読まさせられたところも、我に返って笑った。
    ときどき反復される同じ文はなんだったんだろう。もともと、どこから読み始めてもいい話だから、律儀に最初から通読すると、不思議なことがいっぱい起きている。

  • 繰り返し同じ文が現れるのには何か意味があるんでしょうか…? まあ、以前の作品にも似たような感じがありましたけれどもね…それにしても今回は頻出だったような気がします…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    時たま笑える個所もありましたけれども、全体的に言って人を選ぶ著作だとは思います…あと中川氏、面倒臭そうに書いているなぁ…というのが目に浮かぶようではあります。そんな感じを楽しめるかが、本作を楽しめるかどうかのラインになるでしょう… ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    タイトルも…よく分からないですね! 中川氏の普段の生活を模写したような作品がありましたけれども、あれが一番面白く読めましたかね…あとは…説明文みたいな文章が続く作品はイマイチでした…さようなら。

  •  悪ふざけの悪夢のようなデタラメなことをそれらしく描いていて、ふざけていてとても面白いのだけど、読んだ先から忘れてしまう。8ページくらいの短編集かと思って読んでいると繋がっていて長編のようでもあった。変な体言止めも面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1970年、東京都生まれ。「暴力温泉芸者」名義で音楽活動の後、「HAIR STYLISTICS」として活動を続ける。著書に『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』『知的生き方教室』ほか多数。

「2019年 『虐殺ソングブックremix』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原昌也の作品

ツイートする