愛を知ったのは処刑に駆り立てられる日々の後だった

著者 :
  • 河出書房新社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309028255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こういった本に出会えるので、読書はやめられない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1989年より共同通信記者。プノンペン支局長、ハノイ支局長をへて、現在は編集局デジタル部次長。著書は「人はなぜ人を殺したか」(毎日新聞出版)。

「2019年 『愛を知ったのは処刑に駆り立てられる日々の後だった』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舟越美夏の作品

ツイートする