• Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309028835

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『小説版 韓国・フェミニズム・日本』読了。
    とても面白かった。要するにタイトル通りのテーマについて書かれたアンソロジーものです。
    意外だったのが、西加奈子さんの作品がめちゃくちゃ面白かったこと笑(何気に苦手意識があったんで)まー、面白がっちゃいけない、センシティブな内容だけれども。西加奈子の「韓国人の女の子」は見事に3つのテーマを融合して出来上がった切ない内容で、すごいな…という意味で面白かった。
    他にもチョ・ナムジュや松田青子、イ・ラン、深緑野分、ハン・ガン。すごくよかった。
    なんだろうな、寂しくなる時もあるが、自分の思う生き方を貫こうとする人たち。繊細かつ大胆で、美しかった。
    大筋の内容はジェンダーについての話が多かったが、気持ち悪いSF要素強めな内容もあり、いい意味で気持ち悪くなった笑
    綺麗事だけでは生きていけないわけで。
    知らないことを知らないままでいるのもいけない、と思うに至る。
    まずは知ること。
    今、知らなかったことを知ろうとしている。
    自分が今まで見てきた世界が無意識のうちに広くなっていますように。
    割と最近まで、自分が男だったらよかったのにと思う時が何度かあった。
    けれども、その考えが不利な時に限って女でよかったと思ったりしてしまう自分がいた。本当にそれでいいのだろうか?
    強くなったり弱くなったり体裁を整えようとして忙しないか?
    私はずっと私でいることが出来たらいいのに。
    松田青子の「桑原さんの赤色」を読んで、赤色のアイシャドウが欲しくなった。

    2022.2.12(1回目)

  • 韓国・ジェンダーをテーマにした作品を集める。
    日本人作家と韓国人作家。

    文学を読んだという気持ちになった。

    12作品が収録されているので、好きな作家さんとの出会いにも。

    テーマがジェンダーで文学なので、結構濃いめ。
    ちょいとあわない作品もあった。

    特に印象に残った二作品。

    韓国人作家の作品では…
    デュナ「追憶虫」
    前の宿主の記憶を次の宿主に伝える寄生虫に感染したユンジョンの恋心は誰のものか。
    SF。

    日本人作家の作品では、
    高山羽根子「名前を忘れた人のこと」
    名前も顔も思い出せないけど、印象だけが残っている人がいる。彼はおそらく現代美術作家だ。あのとき聞けなかったことも、もう一度出会ったときには聞けるだろうか。
    たぶん、エッセイ。

    韓国では、男性上位なのかな?というイメージでしたが、ここ数年で、少なくとも若い人の間では変わってきているのかな?

  • 韓国と日本、両国の作家らの短編集。
    いろいろ味わえて、ここ十年二十年の変化変遷を考えさせられる一冊。

  • 韓流ドラマにハマっている流れで。

    どれもよかったけど、デュナの追憶虫
    西加奈子の韓国人の女の子、ハンガンの京都、ファザード、深緑野分のゲンちゃんのこと、星野智幸のモミチョアヨは特に印象に残った。

    日本で韓国のことを語る時、在日のことを隠そうとする、何か触れてはいけないことのようにする雰囲気が、日本の社会にあるのは否めない。
    年齢が上の世代では差別意識がある。
    そのことについて、考え続けないといけない。

    文化面で韓国はここ最近ものすごい勢いがあり、
    質も高い。文学でも、どんどん新しい作家が注目されていて、そのエネルギーがまぶしい。

  • 表紙がおしゃれで購入した
    短編小説が沢山入ってる本
    面白い。はまる。

  • 図書館の韓国文学コーナーからざっと気になるものを借りてきたうちの一つ。韓国文学の知識はゼロに等しく、韓国文学ガイドのようなものとセットでとりあえずアンソロジーを読みたいと思い選んだ。

    フェミニズム、と銘打たれているので、関心は多少あれども詳しいとは口が裂けても言えない自分は少し身構えてしまったけれど(心の内を抉られるかもしれない、という意味で)、重い話もあればほろりとくる話もあり、読後感はむしろ爽やかだった。全体を通してどことなくユーモア(もちろんブラックユーモアもあるが)とエッジが効いていて、普段現代小説をほぼ読まない私でも一気読みしてしまった。完全版もあるらしいのでいずれ読む。

    チョ・ナムジュ『離婚の妖精』、パク・ミンギュ『デウス・エクス・マキナ』、高山羽根子『名前を忘れた人のこと』、パク・ソルメ『水泳する人』、星野智幸『モミチョアヨ』が個人的なお気に入り。
    『離婚の妖精』
    ダインとの会話が好き。最後、理解できてしまったけれど、それなら自分との時間は何だったのか?と主人公が思ってしまうのも正直分かる。あとなんとなく谷崎潤一郎『卍』や坂口安吾『外套と青空』を思い出した。これらはフェミニズム目線で言えばよろしくない作品なのかもしれないけれど。
    『デウス・エクス・マキナ』
    パニック映画が好きだから(正直)。ネバー エバー で引くほど笑ってしまった。すかさずツイッターで遺言を呟く日本人。インパクトが凄すぎて、この後の作品が引きずられてしまうと思いここで一旦小休憩を挟んだ。映像で見たいが絶対に無理。
    『名前を忘れた人のこと』
    無知の恐ろしさ。個人同士の会話が、集団の運命じみた問題の対決となってしまうこと。何と言うか、一番自分に近いと感じた。わりかし綺麗に整った、淡々とした文体なのに、自分を暴かれる感覚があるような、読ませる文章だなあと思った。
    『水泳する人』
    頻出する地名や食べ物の細かな描写でリアリティを与えつつ、時折ふっと夢の中に落ちて曖昧な境目を揺蕩う、不思議な短編だった。ブラッドベリあたりに近い作品があった気がするけれどタイトルを失念してしまい探してみようかなと思っている。
    『モミチョアヨ』
    一人称で少し怯んでしまったけれど、数年で変わり去っていく街の描写、アジョシたちとの交流、星野と友浦のゆるい会話、読み進めるほど面白くなっていったところであのラスト。これが一番最後に掲載されているのも納得。

    詳しくない故に感想にあまりフェミニズムを絡めきれなかったのが心残りだけれど、感想を書いていない作品も含めて、本当に読んで良かったと思える現代小説だった。まずはこの本で気になった作家から韓国文学を読み進めていこうと思う。 

  • とくに好き:
    「韓国人の女の子」西加奈子
    「ゲンちゃんのこと」深緑野分
    「京都・ファサード」ハンガン

  • 韓国の文章、表現の違いというものを知れた。
    韓国は意外にも抽象的な表現多く、ロマンティストなんだろうと感じた。

    フェミニズムに関してはあまり興味がないので、抽象的な文章と相まって、よくわからない内容の話が多かった。

  • 咀嚼するのが難しいけど、とても綺麗で繊細なお話

  • チョ・ナムジュさんの映画を見て、この人の作品をもっと知りたいと思い購入。
    フェミニズムなどのジェンダーについてだけではなく、人種差別化的、具体的には日本の朝鮮人に対する差別的な扱いなどの社会問題を取り上げていた。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年ソウル生まれ。2011年に作家デビュー。17年『82年生まれ、キム・ジヨン』で今日の作家賞を受賞。同書は韓国で130万部、日本語版が23万部を超えるベストセラーに。近著に『サハマンション』。

「2022年 『あなたのことが知りたくて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チョ・ナムジュの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーガレット ア...
ヴィクトール・E...
凪良 ゆう
チョン・イヒョン
ミン・ジンリー
テッド・チャン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×