• Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309028835

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 韓国・ジェンダーをテーマにした作品を集める。
    日本人作家と韓国人作家。

    文学を読んだという気持ちになった。

    12作品が収録されているので、好きな作家さんとの出会いにも。

    テーマがジェンダーで文学なので、結構濃いめ。
    ちょいとあわない作品もあった。

    特に印象に残った二作品。

    韓国人作家の作品では…
    デュナ「追憶虫」
    前の宿主の記憶を次の宿主に伝える寄生虫に感染したユンジョンの恋心は誰のものか。
    SF。

    日本人作家の作品では、
    高山羽根子「名前を忘れた人のこと」
    名前も顔も思い出せないけど、印象だけが残っている人がいる。彼はおそらく現代美術作家だ。あのとき聞けなかったことも、もう一度出会ったときには聞けるだろうか。
    たぶん、エッセイ。

    韓国では、男性上位なのかな?というイメージでしたが、ここ数年で、少なくとも若い人の間では変わってきているのかな?

  • 韓流ドラマにハマっている流れで。

    どれもよかったけど、デュナの追憶虫
    西加奈子の韓国人の女の子、ハンガンの京都、ファザード、深緑野分のゲンちゃんのこと、星野智幸のモミチョアヨは特に印象に残った。

    日本で韓国のことを語る時、在日のことを隠そうとする、何か触れてはいけないことのようにする雰囲気が、日本の社会にあるのは否めない。
    年齢が上の世代では差別意識がある。
    そのことについて、考え続けないといけない。

    文化面で韓国はここ最近ものすごい勢いがあり、
    質も高い。文学でも、どんどん新しい作家が注目されていて、そのエネルギーがまぶしい。

  • チョ・ナムジュさんの映画を見て、この人の作品をもっと知りたいと思い購入。
    フェミニズムなどのジェンダーについてだけではなく、人種差別化的、具体的には日本の朝鮮人に対する差別的な扱いなどの社会問題を取り上げていた。

  • 韓国と日本の作者の短編集。フェミニズム小説が多い。

  • ひとつひとつの話のなかに、少なからず一箇所はぐっと刺さる部分があった。私はそれでも女でいることが楽しいし、女に生まれてよかったと思う。「それでも」という言葉を付けなきゃいけないところがちょっと大変だけど。

    【読んだ目的・理由】帯の「私たちめちゃ楽しいでしょ?」というフレーズに惹かれて
    【入手経路】買った
    【詳細評価】☆4.0
    【一番好きな表現】桑原さんは夜野に本心を話す気なんてはなからなかった。何十歳も年下の女の子に気持ちをぶちまける必要なんてなかった。赤いアイシャドウをつけて働いていた彼女は、それだけで最強だったのだ。(本文から引用)

  • ハズレなしで、全部面白かった。中でもとりわけ、西加奈子のパワルフな切なさもよかったし、ハン・ガンもやっぱりすごかった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1978年、韓国・ソウル生まれ。梨花女子大学社会学科卒。卒業後は放送作家として社会派の「PD手帳」「生放送・今日の朝」など時事・教養番組を10年間担当した。2011年、長編小説『耳をすませば』で文学トンネ小説賞に入賞して文壇デビュー。16年に発表した『82年生まれ、キム・ジヨン』は韓国で130万部を超える大ベストセラーになり、世界25カ国で翻訳されている。

「2021年 『ミカンの味』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チョ・ナムジュの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チョ ナムジュ
レティシア コロ...
ソン・ウォンピョ...
ヴィクトール・E...
ジョージ・ソーン...
劉 慈欣
マーガレット ア...
カルメン・マリア...
テッド・チャン
有効な右矢印 無効な右矢印

小説版 韓国・フェミニズム・日本を本棚に登録しているひと

ツイートする
×