家族って

著者 :
  • 河出書房新社
3.67
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309029504

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 島尾家の記録。
    お祖父さんの本も読んでみたいと思った。

  • なんて心地良い、丁寧な文章。
    とらえどころのない印象だった著者の頭の中をそっと覗かせてもらった。

  • はじめのエッセイがすさまじく良い。このためだけに一冊買う価値あり。

    家族ってほんと、何なんだろう。血がつながっていても別個の人間だし、無理に好きでいつづける必要もないけど、他の人間関係にはない濃さが、ときに謎の味わいを生むこともあって、あなどれない。

  • TBSラジオでお馴染みの著者によるエッセイ集。ラジオ界のトリックスターを体現する普段の喋り方とは全くイメージが異なるシャープな文章。独特の着眼点は健在で、タイトル通り様々な角度から「家族」という現代的なテーマについて書かれている。個人的には元トモ話の香りがするエッちゃんのエピソードが好きでした。

  • しまおまほさんのエッセイ。
    幼少期から今まで日常における家族の思い出やぼんやりした気付きを綴っていた。
    ほんわかした文章の中で不穏な描写が闖入してくる。「私たちは毎日死ぬ練習をしているの。死んだら夢を見ないで寝ているのと一緒なんだよ。」とか
    子供の頃不審者について行ってしまったしまおさんがお父さんに首を絞められて「やろうと思えばやれるんだぞ。わたしは放したけど、本当に殺そうと思うやつは放さないぞ。息しなくなるまで続けるんだぞ」とか。家族の事を描きながらどこか死の匂いがした。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1978年東京都生まれ。イラストレーター、作家。97年「女子高生ゴリコ」でデビュー。著書に『マイ・リトル・世田谷』『ガールフレンド』『まほちゃんの家』など。

「2021年 『家族って』 で使われていた紹介文から引用しています。」

しまおまほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
山内 マリコ
ジェーン・スー
松尾スズキ
しまおまほ
植本 一子
能町 みね子
西川 美和
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×