冬の少年

制作 : Carr`ere Emmanuel  田中 千春 
  • 河出書房新社
3.08
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309203270

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怪奇な幻想に浸りがちな繊細な少年。でも現実は少年の幻想以上に怪奇でおぞましい……。
    こういうのを読むと、やっぱりフランス文学の味は違うよなあと思う。「怪奇で幻想的」の美味しさが。

  • 少年の夢想と現実の混ざり具合、そしてそれを美しく描写する文体が心地いい。
    現実に救いはないのか?

  • 父との関係と、少年期の複雑な心境を、スキー旅行を舞台として存分に描き出す。ミステリー調の展開も、飽きさせない。かなりよくできた作品。

  • 結末の予想は大体ついてたけど。
    あまりにも・・。
    はっきり書いてあるわけじゃないけど、想像するだけでちょっと・・・。
    話の進め方や少年期特有のあれこれは、読んでいて楽しかったのだけれど。

  • 淡々とした文章や展開がまさにフランス小説。でもイタイ話。

全6件中 1 - 6件を表示

エマニュエル・カレールの作品

ツイートする