きみの行く道

制作 : Dr.Seuss  いとう ひろみ 
  • 河出書房新社 (2008年3月1日発売)
3.92
  • (18)
  • (18)
  • (10)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :169
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309204888

きみの行く道の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現代のマザー・グースと言われるドクター・スースの本を、伊藤比呂美さんが翻訳して出されている。
    ちなみに原題は『Oh the Places You’ll Go』で、英語圏の人々は知らない人はいないほどだとか。

    う~ん、どうかなぁ。
    文章は軽快で面白いが、内容はすこぶる哲学的で、この絵がかなりシュールなのだ。
    絵本とは言え、小さな子向けではない。
    せいぜい小6の卒業前の時期とか、中学生でもやはりその時期に読むかというところ。
    年齢と読む時期を選ぶ本と言えるかもしれない。
    高校生や大学生くらいなら、プレゼントにもいいかな。

    新しい世界へ出ていく人、あるいはその時期、そして新しい世界への恐怖を抱いてしり込みしている人にはおすすめ。
    『人生はひとすじなわではいかない。だらだらと生きることなく、逃げたり待っているだけの人生ではつまらないよ』と、伊藤比呂美さんのユーモアあふれる訳で軽いジャブが次々と繰り出される。
    いや、大人の場合は強烈なストレートに受け取るかも。
    そして読んだ後もじわじわときいてくる。
    『自分の頭で考え、自分の足で進むと、絶対君は成功する』という強いメッセージをはなっているが、そもそも「成功」という単語を日本人はあまり使わないので、この部分がひっかかる。
    何をもって「成功」というのか、まるで分からない。いや、それともこれは私だけかな。
    英語圏の人は「成功」に強いこだわりがあるのだろうか。
    その部分はさておいても、勇気が出てくるのは確か。
    約8分。

  • 子供に何度も読み聞かせた本。
    原書(英語)で読んだ本ですが、言葉遊びがとにかく楽しくて、特に、言葉を覚えはじめた子供には、おすすめの本です。

  • 新たな一歩を踏み出す時期にぴったり。ドクター・スースの独特の絵と言いまわしがよくあっている。小6の読み聞かせ本なのだけど、年齢が上になればなるほどじんとくるものがある。新訳のほうが言葉としてこなれている。

  • アメリカのほとんどの家庭に1,2冊ある絵本。
    絵本といって、あなどるなかれ。

    たった600語にも満たない言葉で、人生の全ての領域をカバーしている

    肯定だけでなく、現実の否定的な側面も取り上げられている。

    何と言っても本書は、
    私たちが誰もがもっと素晴らしい人間になる可能性があるし、自分たちや次の世代のために世界をより良くできる、という理想を最大限に生かして書かれている

    ●選択は自らの力の中にあり、するべきことは決断だけだ

    この言葉が刺さった


    600語程度なので、原本を買って勉強するのにもいい

  • ひたすらどんどん行こう

  • 挿し絵がまたディズニーアニメ王様の剣みたいでめっちゃ面白い……
    内容もすごいです。


    待ってるだけは、きみの居場所じゃないんだ!

  • 2014.03 6-3
    2015.03 6-2

  • 6年生にオススメ

  • 卒業前

  • イラストでも元気が出ますが、言葉ひとつひとつでも元気が出ます!

全23件中 1 - 10件を表示

きみの行く道のその他の作品

きみの行く道 大型本 きみの行く道 ドクター・スース

ドクター・スースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーガレット・ワ...
ジャン ジオノ
酒井 駒子
川端 誠
A.トルストイ
ヨシタケシンスケ
トミー=アンゲラ...
くすのき しげの...
ジョン・クラッセ...
シェル・シルヴァ...
原田 宗典
平田 研也
tupera t...
ユリー・シュルヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

きみの行く道に関連するまとめ

ツイートする