犬の心臓 (KAWADEルネサンス)

制作 : 水野 忠夫 
  • 河出書房新社 (2012年1月24日発売)
3.97
  • (11)
  • (12)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :127
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309205878

犬の心臓 (KAWADEルネサンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白すぎる! しかも本書が1925年(昭和元年)に執筆されたというのだから驚きだ。昨日、平山夢明によって執筆された、といっても誰もわからないのではないか。ロシア語の知識は全くないのでよくわからないが、水野忠夫先生の訳も凄いのではないか。本書の初版が1971年であるから既に45年が経過しているが、日本語としても全く色あせていないのが凄い。

  • 新しい人間が生まれ、上昇し、怯えさせ、転落する話。

  • 野良犬に人間の脳下垂体と精嚢を移してみたら、だんだん人間らしくなってきた(この時点ですでに皮肉が入っているが)。しかもアパートの住人に思想の影響まで受けてしまい……という話。実験してはみたものの手に余る存在になっていく展開や、犬人間のどこか憎めないダメっぷりが、当時のソ連の政治体制への風刺と絡んで、笑っちゃいけないんだけど笑ってしまう。欲を言えば、出だしで書かれていた犬の気持ちを、人間へ変貌していく中でも読んでみたかった。

  • 物凄い熱量を感じた

  • かなり面白かった。
    まずタイトルで度肝を抜かれるのだけど、次の犬の独白で心を鷲掴みにされる。内容は犬が人間化していくという、しかもかなり下品な人間になり、それに振り回される人々を描いた奇想天外な話。しかし、動物実験という形でこのような手術がどこかで実際に行われているのだろうなと思わされる。

    この本が書かれたのが1925年。当時のソ連の時代・体制からよく書けたな、というのが素直な感想。
    今までロシア文学に接する機会というのは絵本に限られていて手に取ったことがなかったのだが、これからはいろいろと読んでいきたいと思えた。

  • 脳を移植された犬が人間として生活するという内容。

    なんとも不思議な感じ。
    最後はあっさりと収拾したかと。

  • 色褪せないで残るということを考える。
    再び日の目を見るということを考える。

    どちらも結局は良いものでないと残らないのかな。

    1925年に書かれたものが日本では1971年に出て、ほいで2012年に復刊された、と。これはどういうことなのだろう?なんでもええから物珍しそうなもの掘り返してきたよってのでこういう本が出てくるのだろうか。それとももはや人間の作り出したもののアーカイブは途方もない量になっており(アーカイブを残しておく為の技術革新とかもあってね)玉石混淆は自然淘汰され上澄みはきっと良いものだと判断されているが故に残っているもの見直されているものはすべからく良いものだと思っていいのか、それともなにかしらの操作があってこその生存復活なのか、いろいろ考えるのだけれども、結局はまあ読んで面白かったのだし、まあいいかと思う。でもやっぱりこの本のどこを読んでどこに共感して面白かったのだろうか、自分で自分に細部を聞いてみたい気もするがだいたいそういうときは答えが容易されていないのだ。なんて駄目なやつ。このまま内容に触れることなくレビューを終わる。面白かったんだ。

  • 「巨匠とマルガリータ」と同じくアイロニーと幻想にまみれた小品。野良犬がたどり着いた数奇でグロテスクな運命。

  • 犬が人間に変身してしまう話、と言ってしまえば陳腐ですが、終盤にもう一回ドンデン返しになっています。それにしても、移植して新たな生物(?)が生まれるってことを、そのこと自体には何の疑問も差し挟まずに接している登場人物が非常に不思議です。この作品が革命直後のソ連社会を痛烈に風刺していると解説にはありますが、そんな予備知識はなくとも十分楽しめますし、そんな知識を必要としないからこそ、現在にも読み継がれているのではないでしょうか?

  • Михаил Афанасьевич Булгаков (1891-1940)
    •Собачье Сердце (1925)

    ヴィルノ(ヴィルニュス)はロシヤ語ではヴィリノになるのかと、そんなマージナルな所に感心してしまった。
    ロシヤ名Вильна(ヴィリナ)
    ポーランド準拠ロシヤ呼称Bильно(ヴィリノ)
    リトワニヤ準拠ロシヤ呼称Вильнюс(ヴィリニュス)
    ポーランド語のŁを「暗いL」と言ったのが誰だったかは忘れてしまったけど、本来それは後続母音を伴わないЛ音を表記するための文字だったはずなのだ。そして「沼野充義 巻末解説」で使用されてるセリフ付きキリル文字フォントがどえらく格好良いのだ。
    本当にどうでもいいことですね。すいません。

全10件中 1 - 10件を表示

犬の心臓 (KAWADEルネサンス)のその他の作品

犬の心臓 (河出海外小説選)の詳細を見る 単行本 犬の心臓 (河出海外小説選) ミハイル・A・ブルガーコフ

ミハイル・A・ブルガーコフの作品

犬の心臓 (KAWADEルネサンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする