差別の根源を考える

著者 :
  • 河出書房新社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309224893

作品紹介・あらすじ

今は読めなくなっていた、差別問題を考える歴史上名高い記念碑的な講演「融和促進」「融和問題に関する歴史的考察」に加え、柳田國男の名論文「毛坊主考」を、独自の視点で一歩深めて発展的に書き継いだ「俗法師考」を収める、待望久しい一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 融和促進のために書かれた論文を集めたもの。解放同盟は融和促進は「毒饅頭」だという考えで排除してきたが、喜田の論文を読むとそれだけでは真の解放を願っていた事が解る。彼は、被差別部落の起源を知る事で差別されるいわれはない事を説き、被差別者も自覚自重の必要性を説く。その上で相親しむことの必要性を説く。
    誰と親しくしようと、どこで物を買おうと個人のかってだという無理解者(わからずや)に対しては、「名自が直接に圧迫を加えるつもりでなくとも、間接に立派に損害を与えている」その上で「単に自分の勝手でちかづかぬまでという口実をもって、容易に許されるべき事柄ではない。その責任を追わねばならない」とまで書いている。
    大正という時代にこれだけの思想を持っていたとは驚きだ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1871年徳島生まれ。近代の歴史学者、文学博士。考古学、民俗学も取り入れ、学問研究を進めた。被差別部落研究の先駆者でもある。著書に『賤民とは何か』『被差別部落とは何か』『先住民と差別』等。1939年没。

「2019年 『被差別部落とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

喜田貞吉の作品

差別の根源を考えるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×