完本 天の蛇---ニコライ・ネフスキーの生涯 (KAWADEルネサンス)

著者 : 加藤九祚
  • 河出書房新社 (2011年4月9日発売)
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309225432

作品紹介・あらすじ

ロシア人ニコライ・ネフスキーは1915年に来日、十四年間の日本滞在中に、オシラ神・アイヌ語・宮古方言などの日本民俗・言語・文化研究に大きな業績を残し、1929年、革命後の故国に帰り、西夏語研究などに前人未踏の境地を拓いた。しかし、無惨にも、彼の学問とは無縁の「国家叛逆罪」という無実の罪によって、日本人の妻イソとともにいわゆる「粛正」の犠牲となった。ライフワークともいえる永年の調査・研究をもとに、この悲劇の天才の学問と生涯を感動的に描き出す。ロシアの地で消された天才言語学者の、生涯を追ったノンフィクション。大佛次郎賞受賞。その後の「死の真相」解明を増補し、完本として復刊。

完本 天の蛇---ニコライ・ネフスキーの生涯 (KAWADEルネサンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同じくネフスキーの生涯をとりあげた、
    「月と不死」にも寄稿していた著者の作品。
    本自体の著者は違うものの、
    続編と言えよう。

    あまり深く考えず、
    行き当たりばったりに本を選んでいる私としては、
    この順番で読むことができたのは幸いだ。

    より細かに、
    特にソ連に戻ってからの消息が知ることができたのは良かったが、
    同時に辛くもあった。
    もっと研究を続けたかっただろうに。

    若子さんのことは、驚き。

  • ロシア出身の言語学者・民俗学者であるニコライ・ネフスキーの生涯を追った一冊。

    ネフスキーといえば、柳田國男、折口信夫らの盟友であり、日本民俗学草創期に大きな足跡を残しています。一般には、月と若返りの水の伝承を追った名著『月と不死』(平凡社東洋文庫)で知られていましょう。

    本書は、日本への留学から日本民俗学への貢献、そして学問そのものを基礎づけたとまで言われる西夏語研究に至るまで、ネフスキーの生涯を丁寧に追っています。資料的に貴重な記述が多いのは無論のこと、敬愛に溢れた文体がとにかく素晴らしい。ネフスキーの人柄と学問への真摯さが、出会った人々に例外なく強い影響を与えていたことがよくわかります。

    ロシア帝国からソ連へと変じた故国に戻った後、秘密警察の手により悲劇的な死を遂げたネフスキー。しかしその学問的業績は今もって高く評価されています。そして本書によって読者は学者ネフスキーに、それ以上に人間ネフスキーに触れることが出来るでしょう。

    紛れもない名著。お勧めします。

全2件中 1 - 2件を表示

加藤九祚の作品

完本 天の蛇---ニコライ・ネフスキーの生涯 (KAWADEルネサンス)はこんな本です

ツイートする