サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

制作 : 柴田裕之 
  • 河出書房新社
4.33
  • (378)
  • (221)
  • (103)
  • (8)
  • (7)
本棚登録 : 3520
レビュー : 307
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309226729

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・地図に白い部分があると認めた→知らない部分を知りたい、地図を埋めたい、という欲求

    ・信用 (credit)とは、今日のパイと明日のパイの大きさの差

    ・瞑想するときには、自分の心身を念入りに観察し、自分の感情がすべめ絶え間なく起こっては消えていくのを目の当たりにし、そうした感情を追い求めるのがいかに無意味かを悟る。

    ・自分が何を望んでいるかもわからない、不満で無責任な神々ほど危険なものがあるだろうか。

  • 目から鱗。
    私たちは何を望みたいのか?

  • 資本主義や国家主義も宗教となんら変わりはない。無宗教ではなかったんだナァ、、

  • 著者は本書を通じて以下の興味深い問に答えることを試みながら、ホモ・サピエンス及びそれを取り巻く世界の現在がどのように形成されてきたかについて大局的に語っている。
    キーワードは、認知革命に端を発する共同主観的な「虚構」の構築能力であり、今日我々が(教育によって)当然と考えている理念や価値判断も含めて全ては「虚構」(想像上の秩序)に過ぎないというメタな視点を著者は与えてくれる。それ故、科学の優先順位やその発見の活用は宗教とイデオロギーのみが決定できるという主張や、幸福が(生物学的な)快感あるいは人生の意義に基づくという考え方も自由主義に特有の見方であるという主張などに合理性が与えられる。また、宗教における混合主義(矛盾さえする考え方を公然と是認する能力)や自由市場資本主義の重大な欠点(「公正」な利益確保及び分配を保証できないという点)など、これまでの歴史に見られた人類の「虚構」の不完全性の数々も指摘され、読者に新たな視点を与えてくれる。本書の読後は、どのような論争も結局は背後にあるイデオロギー(共同して信仰するもの・文化的発想)の対立に過ぎないということを理解し、一歩引いた視点で物事を観察することが出来るようになった。
    本書の最後では自然選択にとって代わり得る知的設計について触れられ、ホモ・サピエンスの未来(もはやホモ・サピエンスとは定義できなくなる可能性すらある)についての示唆が述べられる。
    歴史は二次のカオス系(それについての予想に反応する)であるため予想することはできず、それ故歴史を学ぶ目的は未来を知ることではなく、視野を広げること、すなわち現在の人類の状況は必然的なものではなく様々な可能性が存在するということを理解することであるという著者の言葉は、常識を疑い新たな価値を生み出す視点を育む上で大変重要である。

    ・ホモ・サピエンスはなぜ地球上を支配出来るようになったのか?他の人類種/生物とどの点が異なったのか?
    ・文明はなぜ生じたのか?それによって人類及び他の動植物はどのように変化したのか?人類はどのようにして統一に向かっていったのか?
    ・近代科学、帝国主義、資本主義はそれぞれどのように関連し、なぜ発展したのか?なぜ近代にヨーロッパ人が覇権を握ることが出来たのか?産業革命は何を変えたのか?
    ・歴史を通じて(文明によって)人類は幸福になれたのか?
    ・人類はどの方向に向かおうとしているのか?

  • ◯科学革命の発端は、人類は自らにとって最も重要な疑問の数々の答えを知らないという重大な発見だった。(59p)

    ◯もし脳が集合的なメモリーバンクに直接アクセスできたら、人間の記憶や意識やアイデンティティに何が起こるのだろう?(254p)

    ◯その時点では、私、あなた、男性、女性、愛、憎しみといった、私たちの世界に意義を与えているもののいっさいが、意味を持たなくなる。(259p)

    ★幸福についての考察にたっぷり1章を割いている。人類のこれまでの歴史の意義を考えるためには、幸福の解釈が必要になるわけだ。

    ★私たちが獲得した物質的豊かさは、他の動物たちの犠牲の上に成り立っている。

  • ホモ・サピエンス=取るに足らない動物がなぜ現在に至るまで生き延び過去類を見ない程に繁栄することになったのか、という仮説が面白い。

  • 第1章からガツンと目を覚まさせられる。
    我々は、自分たちホモ・サピエンスが唯一の人類だとばかり思っているが、それは完全に誤った認識である。
    ホモ・エルガステルからホモ・エレクトスが生まれ、ホモ・エレクトスからネアンデルタール人が誕生し、ネアンデルタール人が我々ホモ・サピエンスに進化した、というような、一直線の系統図に並べるイメージで捉えてはいけない。
    約200万年前から1万年前ごろまで、この世界にはいくつかの人類種が同時に存在していた。
    ちょうど今日でも、キツネやクマ、ブタには多くの種があるのと同じように。
    過去1万年間に、ホモ・サピエンスは唯一の人類種であることにすっかり慣れてしまったので、我々はそれ以外の可能性について想像を巡らすことが難しくなっているだけなのだ。

    そして、もう一つ。
    かつてホモ属は食物連鎖の中程に位置を占め、ごく最近までそこにしっかりと収まっていた。
    人類は数百万年にわたって、小さな生き物を狩り、採集できるものはなんでも採集する一方、大きな捕食者に追われてきた。
    ホモ・サピエンスの台頭に伴い、過去10万年間に初めて、人類は食物連鎖の頂点へと飛躍した。
    人類があまりに急激に食物連鎖の頂点に上り詰めたがゆえ、生態系は順応する暇がなかった。
    そしてサピエンスは、つい最近まで食物連鎖の負け組の一員だったため、自分の位置についての恐れと不安でいっぱいで、いまだに残忍で危険な存在となってしまっているのだ。

    サピエンスが、地球上でこのような特異な存在となった壮大な過程が、「認知革命」「農業革命」「人類の統一」「科学革命」という重大なターニングポイントとなるフェーズごとに語られて行く。

    認知革命は、7万年前から3万年前にかけて見られた、新しい思考と意思疎通の方法の登場のこと。
    これによって、サピエンスは「社会」を構成し、「集団」の力を駆使できるようになる。

    農業革命は、人類にとって大躍進だったようなイメージがあるが、それは夢想に過ぎない。
    人類は、農業革命によって手に入る食糧の総量をたしかに増やすことはできたが、食糧の増加は、より良い食生活や、より長い余暇には結びつかず、むしろ、人口爆発や飽食のエリート層の誕生につながった。
    平均的な農耕民は、平均的な狩猟採集民よりも苦労して働いたのに、見返りに得られる食べ物は劣っていた。

    紀元前1000年紀に普遍的な秩序となる可能性を持った3つのもの、「貨幣」「帝国」「普遍的宗教」が登場し、全世界と全人類を、一組の法則に支配された単一な集団として想像できるようになった。
    ちなみにここでいう「宗教」には、自由主義や共産主義、資本主義、国民主義、ナチズムといった、自然法則の新宗教も含まれる。

    紀元1500年頃、ヨーロッパ西部で、地上のあらゆる生命の運命を変えることになる重大な転換点、科学革命が始まる。
    近代科学の最大の特徴は、進んで無知を認める意思にある。
    そこに、科学の発見が新しい力を与えうるという考え方が加わり、どんな問題も(死すらも)克服できるという確信が生まれる。
    科学は、帝国、資本と親和し、相互にフィードバックループを形成しながら発展していく。
    大航海時代以降、ヨーロッパの帝国主義は、新たな領土とともに、新たな知識を獲得することを目的とするようになる。
    近代以前、将来を信頼しないがゆえに、信用が発生せず、経済成長しなかった社会は、科学革命により「進歩」という考え方が注入されることにより、将来を信頼し、信用を発生させることにより、経済成長する社会へと生まれ変わった。

    ここまで、サピエンスが歩んできた足跡を経て、著者の最後の問いにたどり着く。
    科学文明は果たして人間を幸福にしたのか?
    科学が生命の領域に浸出し、シンギュラリティへと到達しようしている「超ホモ・サピエンスの時代」はどのような未来をもたらすのか?

    ここで、本書の中で示唆された、歴史の持つ重大な2つの特徴が想起される。

    1つは、歴史は「二次」のカオス系であること。
    「予想」することに反応して結果が変わるので、正確に予想することがけっしてできない。
    従って、歴史を決定論で語ることはできない。
    それでも我々が歴史を研究するのは、未来を知るためではなく、視野を広げ、現在の状況が必然的なものではなく、未来に多くの可能性があることを理解するためである。

    そしてもう1つ、歴史の選択は人間の利益のためになされるわけではない、ということ。
    文化は一種の寄生体であり、人間は図らずもその宿主となっている。
    宿主が寄生体を新たな宿主に受け継がせられるだけ長く生きさえすれば、宿主がどうなろうと寄生体の知ったことではない。

    最後の問いへは誰も答えることができないが、この「サピエンス全史」という人類の知の大全というべき一冊が多くの人に関心をもって読まれることで、可能性のある多くの未来のうち、より幸福な将来がサピエンスに訪れることを願うしかない。

  • 今まで抱いていた多くの疑問に答える手かがりを貰った感覚。
    何度も読み返したい

  • 上巻は評判ほどではないと感じてしまったが(というのも先に読了していた銃・病原菌・鉄と内容が似ていたからだったが、後に著者のハラル氏がジャレド・ダイアモンド氏に影響を受けたと知り合点した)、下巻にかけて著者の考察の深さ、これまでの自分の人生に於いて疑問に感じていた点に関する一つの答えが記載してあり、読んで本当に良かった。

    現生人類であるホモ・サピエンスの全史を、認知革命・農業革命・科学革命の3つの変化という切り口で、なぜ数多くいた動物の中でサピエンスが支配者として君臨する事が出来たのかという点が、様々な分野(生物学・心理学・社会学等)での実験結果を交えながら説明してあり分かり易かった。

    色々と感銘を受けた箇所はあるが、自分が特に感銘を受けたのは以下2点。

    ①認知革命で、共通の虚構・神話を共有する事でサピエンスは見知らぬヒト同士でも柔軟に協力する事が出来、その協働する能力こそがヒトと動物を支配する側・支配される側に分けた要因。動物の中にも協力する種はいるが、あくまでも特定の数の限られた集団(家族・血族)の中だけで、それに対してヒトは宗教や貨幣・帝国といった共通の虚構で集団として一体感を持ってまとまる事が出来た。逆に言うと、歴史上の独裁者は、被支配側に纏まらせない事で独裁体制を維持出来ていたというのは非常に興味深かった。

    ②数万年にも及ぶヒトの歴史の中で、一歩一歩科学が進歩してきたが贔屓目に見ても過去数百年での進歩がそれまでの数万年に比べても群を抜いて飛び抜けているのはなんでなんだろうと漠然とした疑問を感じていたが、その答えとして、⑴中世までは宗教が世の中を支配しており、その体制下ではヒトには知らないことはなく、全知全能の神は全てを知っており、つまりわからないことは全て聖書にあり、逆に聖書に書いてないことは重要ではないという価値観だった事(つまり、知的好奇心が生まれない体制だった)、⑵ところが、その後、ルネサンスによるキリスト教絶対主義からの脱却、アメリカ大陸の発見により、世の中にはヒトがまだ知らない事が存在するという概念が生まれ、大航海時代と共にヒトの知的好奇心が爆発し、そこから科学革命が生まれた事、⑶その後の帝国主義・資本主義と密接に関係する中でヨーロッパを中心に科学発展があった事、⑷アジアやアフリカではなく、ヨーロッパを中心に発展したのは、科学の発展は安定した政治体制や法制度、財産権の保護などの制度の上にのみ成り立つものであった為、近代以降にヨーロッパを起源に急速に発展した。

    2018年のBook of the yearでした。

  • 2017/03/27 初観測

全307件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

ユヴァル・ノア・ハラリ(Yuval Noah Harari)
1976年生まれのイスラエル人歴史学者。専門は世界史とマクロ・ヒストリー。
オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、エルサレムのヘブライ大学歴史学部で終身雇用教授として歴史学を教える。軍事史や中世騎士文化についての著書がある。オンライン上での無料講義も行ない、多くの受講者を獲得している。
著書『サピエンス全史』は世界的なベストセラーとなった。2015年にヘブライ語で"Homo Deus: A Brief History of Tomorrow"を出版。その翻訳書『ホモ・デウス』が2018年9月に刊行される。

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福のその他の作品

ユヴァル・ノア・ハラリの作品

ツイートする