サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

制作 : 柴田裕之 
  • 河出書房新社
4.33
  • (375)
  • (219)
  • (102)
  • (8)
  • (7)
本棚登録 : 3502
レビュー : 305
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309226729

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一旦、見送りとした。
    宗教の内容は難しい。
    20170430

  • 読書会の課題本ということで読んでみた。前半の宗教やイデオロギーについては、粗雑で強引な論理展開が多く、ほとんど共感できなかった。全体の結論にあたるだろう最後の二章では、あまりにも虚無的なブラックジョークとしか思えない議論が多く、ちょっとどうか?と思う部分も多かった。正直、騒がれすぎだと思う。

著者プロフィール

ユヴァル・ノア・ハラリ(Yuval Noah Harari)
1976年生まれのイスラエル人歴史学者。専門は世界史とマクロ・ヒストリー。
オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、エルサレムのヘブライ大学歴史学部で終身雇用教授として歴史学を教える。軍事史や中世騎士文化についての著書がある。オンライン上での無料講義も行ない、多くの受講者を獲得している。
著書『サピエンス全史』は世界的なベストセラーとなった。2015年にヘブライ語で"Homo Deus: A Brief History of Tomorrow"を出版。その翻訳書『ホモ・デウス』が2018年9月に刊行される。

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福のその他の作品

ユヴァル・ノア・ハラリの作品

ツイートする