知られざる地下街

  • 河出書房新社
2.73
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309227283

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全国にある地下街を紹介しつつ、地下街一般の法規制や防災技術や取り組みが記載されている。全国の地下街紹介についてはどの店がどうといった観光的なものではなく成り立ちや運営組織などがメイン。
    地下街という括りで防災について学べる珍しい本です。

  • こういう本は中々ないので興味深く手に取りました。
    特に札幌地下街の項目は、札幌で生活していたので関心があり先に読みました。
    この本には地震や停電・火災といった災害時に、地下街がどうなるかのシミュレーションが書かれています。これがかなり面白い記述で非常に為になりました。
    本屋では見かけないので、図書館で読めて良かった。

  • 本のサブタイトルには、地下街の「歴史」「魅力」「防災」「ちかあるき」のススメとあります。
    このうち、歴史はほんの少し、魅力もほんのすこし(全国地下街カルテみたいなページはデータベースとしては価値あるかもしれません)、「ちかあるき」はどこ?
    というわけで、書名からコアなサブカル本として期待して手にとりましたが、かなり役所的な防災の技術に偏った内容でした。
    書きぶりもプレーンで、読み物として楽しみたいという方には向かないです。
    地下街という概念を勉強したい!というニッチでアカデミックな欲求には少し応えられると思いますが、そこまでという印象。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻准教授。都市情報・安全システム研究室。著書に『知られざる地下街──歴史・魅力・防災、ちかあるきのススメ』『これだけはやっておきたい 帰宅困難者対策Q&A』など。平成28年度東京大学卓越研究員、JSTさきがけ研究員(兼任)。

「2018年 『都市計画学 変化に対応するプランニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

廣井悠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×