ジジェク自身によるジジェク

制作 : 清水 知子 
  • 河出書房新社
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309243313

作品紹介・あらすじ

不可能に賭ける最も危険な思想家が、その生と思想の核心を平明に語る-ジジェクへの入門と横断のための最良のガイド。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつ買ったか思い出せませんが、ジジェクが読みたくて買ったのでしょう。長らく積んでおりましたが、ようやっと一通り読み終わりました。

    大体全部読むのに2週間かかりました。ただ、2週間かけて読んでもさっぱり議論が頭に入ってきませんでした。分からん。でぇんでん、何言ってんのか分からん。最初から最後まで「?????」という感じ。グリン・デイリーの序からして、途中で読むのを放り出そうかと何度も思うくらい難しい、というより訳の分からない議論の連続。残念ながら今回は読めた気すらしませんでした。

    とりあえず、精神分析ネタと政治ネタと時たまエロネタが入ってグルグルしているような、そういうお話を楽しそうにするおっさん、くらいにしか今回ジジェクのことは把握出来ませんでした。何となく「面白いことを言っているな」と思える言葉もいくつかあったのですが、全体的に何を言っているか分からないので正直なところそれについての感想も書けない。

    ここ何年もこういう系の本読まなくなった分、不勉強が祟ったのかもしれません。ラカンはもちろん、もっかい勉強し直さないとな。。。

  • 近くの図書館で何故かこの本だけリクエストが購入で通ったので再読。明快だが正直言いたいことを言い切れた本とは思えない。

  • インタヴュー形式だったので、軽くて読みやすい内容だった。
    ジジェクって、ドゥルーズ+ガタリの『アンチ・オイディプス』が嫌いなんだね。
    それから、フランシス・フクヤマとハンチントンを目の敵にしてるんだね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1949年、スロヴェニア生まれ。哲学・精神分析から、映画・芸術、現代政治まで、縦横無尽に論じる現代思想界の奇才。『イデオロギーの崇高な対象』『ラカンはこう読め!』『ロベスピエール/毛沢東』他。

「2015年 『事件! 哲学とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スラヴォイ・ジジェクの作品

ツイートする