人生が豊かになる 禅、シンプル片づけ術

著者 :
  • 河出書房新社
3.77
  • (19)
  • (28)
  • (19)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 242
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309245515

作品紹介・あらすじ

究極のシンプル道は、禅にあり!持たずに暮らせば、自分が変わる。朝の5分掃除、場所別・片づけの習慣、リセット整理術など、今すぐ始めたくなる実践法を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全ては掃除から。掃除することで心が整う。しかし、このやり方は人に押し付けては意味がない。自分の身の回りを整えることで心にゆとりが生まれる。それは自分が自分のことを見つめ直そうとするから。最近、巷で話題になっている学校での清掃活動はこれを間違えているように思う。まずは自分が率先して行うこと。自分が襟を正して、無心になって床を磨いたり片付けをしたりすること。この姿が清々しさを感じさせ、片付いた部屋がスッキリとした心持ちにさせる。まずは自分が掃除をすることから。やれることからやってみよう。

  • 春風が吹いたときに、花を咲かせられるように。マインドフルネスの核の部分がまとめられているような1冊。片付けにもビジネスにも人生にも置き換えられる内容。しかも、押し付けがましくなく、そっと吹く風のように心に入ってくる。時々、読み返したい本。

  • 今できることを淡々とやる。それが、禅の精神です。
    心の状態がそのまま現れていると思って、自分の部屋を見てみる
    「この次」「後で」ではない。今この一瞬を生きる。それが、禅の考え方です。来るかどうかわからない明日をあてにして生きるのではなく、今この瞬間を精一杯生き切る。どんな小さなことでもおろそかにせず、その時にきちんと処理を完了させる。それが、悔いのない生き方につながります。
    あなた自身が黙々と掃除をして、常に美しい部屋を保ち続ける。あなたが掃除をする姿が、家族を変える。
    足元をただすということは、「今、自分にできることを一生懸命にやりなさい」ということ。履物がそろえられない人は、自分の心も整えられません。心が過去や未来に飛んでいて、「今ここ」にないからです。

  • 片づけというより掃除の重要さ、禅は哲学でもあるけど、知識を増やして真理への到達を目的とする「哲学」に対して、不要なものを捨て自分と向き合い悟りへの到達を目的とする「禅」、掃除と同じで修行に終わりはないってところが良かった。

    あと『自分と人を比べることに何の意味もありません』て言葉はいいなあ。キャッチフレーズにしよう。

  • 桝野さんの本なだけあり、お寺でお説教をいただいているような心持になった。
    物が氾濫している我が家なので、ある程度すっきりさせて、床をピカピカにしたいなと思います。

  • 僧侶の枡野さんが書いていることもあって、読むとすごく背筋がピンと張るような清々しさが残る。
    仕事で忙殺されている時、頭や心がぐちゃぐちゃになった時ってどうしても部屋も散らかってしまう。そんな時に読み返してこれじゃいかん!と気合いを入れてくれる本。ただひとつ引っかかったのは、本の中に不要なモノはすぐ捨てたりせずに、別の使い方がないか考えようというのがあるのだけど、私の場合はそれでモノが捨てられず結局スッキリしないという問題も起きているので、時にはバッサリ手放すことも私には必要だな、と思った。

  • 掃除とは心を磨くこと。
    無心になって、体を動かす。
    自分を律すると顔つきが変わる。
    日ごろの心配事や悩み事を全て忘れて、目の前のことに集中すると、その時間は大きな気づきへと続く道になる。
    小欲の人は苦労が少ない。多欲の人は苦労も多い。
    衝動的になったら、深呼吸をする。
    頭ではなく、体を動かすことで身になる。
    100日続ければ習慣になる。

    禅の考え方を日常に取り入れる。

  • 掃除じゃ掃除じゃ掃除をするのじゃ

  • 美しいシリーズを読んでいたので、ふーんというかんじ。

  • 枡野俊明さんの本は数えたら五冊目だった。
    今回も神聖な気分になった、気がする。書いてある事は、本当に簡単な事ばかり。出来るかじゃなく、やるかやらないか、だと思う。
    朝5分の掃除から始めてみようと思う。
    2015.5.2

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1953年神奈川県生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授。玉川大学農学部卒業後、大本山總持寺で修行。「禅の庭」の創作活動を行い、国内外から高い評価を得る。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。2006年の『ニューズウィーク』日本版「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。
主な作品に、カナダ大使館東京庭園、セルリアンタワー東急ホテル庭園など。『怒らない 禅の作法』(河出書房新社)、『心配事の9割は起こらない』(三笠書房)など著書多数。

「2020年 『大地黄金の開運術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

枡野俊明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
レオ・バボータ
タル・ベン・シャ...
佐藤 優
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

人生が豊かになる 禅、シンプル片づけ術を本棚に登録しているひと

ツイートする
×