つくられた放射線「安全」論 ---科学が道を踏みはずすとき

著者 :
  • 河出書房新社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309246130

作品紹介・あらすじ

3.11後、混乱をきわめた放射線の健康影響問題…東大教授がアカデミズムの暗部を衝く-こうして安全論・楽観論は増殖した。科学者・専門家とは、いったいどういう人たちで、どれほど確かなことを言ってきたのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 福島原発事故後に、安全を主張した科学者たちが、事故以前から低線量被曝に閾値を設けることを主張してきたこと等を資料から明らかにしている。これらの問題についてきちんと調べている人には目新しい話ではないかもしれないが、自分にとってはこれまでばらばらに見ていた話がきちんと整理されて有益だった。
    また、「安全安心」というふたつの語がセットとなっていることが、原発事故の話とは結びつかないままに不可解だったのだが、この背景には、科学的、技術的に「安全」であること=科学者・専門家などにしか判断できないという前提があり、正しい知識なく闇雲に不安がる一般の人々を啓蒙して「安心」させることに注力することが目指されての言葉なのだと知り、考えさせられた。
    放射性物質への恐れに限らず、普通の人々の不安や不信が、「感情的なもの」として切り捨てられ、「客観的」な科学の誤りが顧みられることはない、ということの恐ろしさ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ 東京大学文学部教授
『現代宗教の可能性』岩波書店,1997年。『時代のなかの新宗教』弘文堂,1999年。『ポストモダンの新宗教』東京堂出版,2001年。
●宗教運動に関わりつつ社会を,また自分を振り返るという試みを続けてきたが,いつも心理療法は隣り合わせの世界だった。

「2002年 『つながりの中の癒し セラピー文化の展開』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島薗進の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×