哲学のメガネ

著者 : 三好由紀彦
  • 河出書房新社 (2016年3月24日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309247519

哲学のメガネの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 非常に明快かつわかりやすい論旨で、哲学がどのように「役に立つ」のかが体感的に理解できるようになっていて、良書。

    ただちょっと科学とか現在の環境汚染についての認識とかがえらい偏った感じになっていて、だからたとえばハイデガーの道具解釈とか、ちょっと首をひねるものになっちゃってるところはある。

  • すべての事象の背後には大きな意味が流れている。哲学の使命は、一見まったく関係のない事象の背後にある意味を一つに結びつけ、その大いなるまなざしでもって世界を眺めることだと筆者はいう。時代の流れなどによって影響を受けることのない哲学。
    私たちにとって身近な事象を例にとりながら、哲学の観点ではそれをどう読み解くのかが述べられている。自身の物事への見方に新しい視点が見つかる1冊。

全3件中 1 - 3件を表示

三好由紀彦の作品

哲学のメガネはこんな本です

ツイートする