増補新版 モンテッソーリ教育を受けた子どもたち: 幼児の経験と脳

著者 :
  • 河出書房新社
3.47
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309247748

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モンテッソーリ教育を受けて、うちの子はこう育ちました!こういうところが素敵な子になりました!こんなことが得意になりました。などなど親の体験談、教育を受けた子が自分のことを話したり、先生の立場など、色々な視点からモンテッソーリ教育を受けてどうなったかの体験談が詰まった一冊です。

    モンテッソーリの本は本書が初めての読了となりますが、教育方法が最後に少し書いてあるだけなので、体験談だけ読み進めていると宗教じみた感じを受けましたので、最初にモンテッソーリ教育方法を書いた本を手に取ればよかったと思いました。

    私が思うにモンテッソーリ教育は、日常生活の中で、小さな成功体験を積み重ねて、快感物質のドパーミンを出させ、前頭葉を育てる教育だと理解しました。

    モンテッソーリに限らず、横峯式も褒めて育てるし、公文のドリルも小さな成功の積み重ねなので、数ある幼児教育の根っこは同じなんだと感じました。

    4歳の息子は、ドリルに夢中になるときがあります。
    すごいね!よくできたね!なかなかできる子いないよ!短時間でできたね!などなどと、褒めるととても得意げにふっふーん!と嬉しそうな顔をします。
    簡単にできて、ご褒美のシールやスタンプを親からもらうのが楽しくも快感なんだと改めて思いました。

    自分でできた!これだけの数やった!と達成感を感じる体験がとても大切だと実感しました。

    ドリルを買い足した時も、簡単過ぎないけど、軽快なスピードで勧められる内容を選んで買いました。
    今日も満足そうに勧めています。

  • モンテッソーリ教育がいいということは分かったけれど、内容のほとんどがその体験記で占めているため、モンテッソーリ教育が具体的にどういう教育法で、親はどういうところに気をつけながら子育てすべきかというのが分かりにくかった。

    この本を読む前にモンテッソーリ教育について体系的に書かれた本を読むことをオススメ

  • 提示
    教えたいことを一つ取り出し、ゆっくりやって見せる。

    P94
    1.教えたい行為を一つだけ取り出す。
    2.その行為を構成する動作を分析する。
    3.一つひとつの動作を、はっきり、ゆっくり、正確に示す。
    ---
    ゆっくりして見せる
    子どもはできるかがきになる。
    言葉と行為を離して、やってみせてあげる。

    私の感想
    著者の別の本も読みたい。
    この本を読む限り、目の前にミラーリングしたい手段があるコピーは上手になりそうだけど、出来ない時にどう抽象化して洞察し、問いを立てられるかは不明だ。知りたい。

    どうもチクチク感じる点
    安冨歩さんのお母さんの感じに近いのかな?と引っかかるようなチクチクを感じた。

  • モンテッソーリ教育が脳の前頭葉の働きに関係しているという話。

  • 一部参考になったが、モンテッソーリ教育が具体的にどのような教育体系なのかわかりなくく、またデータを用いて実証すると述べながら、言説のみでしか論じていない点には違和感を感じた。

  • ちょっと気になるのは、そもそもモンテッソーリ教育に興味を持つような親は、教育に対する関心が高いので、結果として、そのような親の子は、いわゆる「いい子」に育つ可能性が高い、と思われる点です。
    その点における科学的な実証が、今後、必要だと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

日本のモンテッソーリ教育の第一人者。九州大学大学院教育学研究科博士課程修了。フランスでモンテッソーリ教育方法を学び、滋賀大学教授などをつとめた。著書に『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』など。

「2019年 『親子が輝くモンテッソーリの言葉 21の子育てメッセージ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相良敦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
村上 春樹
三浦 しをん
佐々木 圭一
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×