日本のフェミニズム

著者 :
制作 : 北原みのり 
  • 河出書房新社
3.64
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 100
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309248370

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本のフェミニズムについて、うすい本なのでざっくり知ろうと思ったら、とても深い本だった。

  • 柚木麻子の日経の書評?を読んで、早速購入。
    大学時代、北原みのりの本を読み漁った。好きだった。

    フェミニズムを久々に、と軽い気持ちで買ったら、なかなかヘビーな内容。
    性について、ここまではっきりと苦しい内容をちゃんと読んだことなかったな。
    わたしも目を逸らしてたんだな、と、気づく。
    やわいフェミだった。

    ちゃんと、しって、ちゃんと、考えて、ちゃんと語れるように、ちゃんと訴えられるように、なりたい。

  • ジェンダー

  • 近代以降の女性運動・フェミニズム運動の中でも、買春や性暴力など「性との戦い」をテーマとした運動に焦点があてられている。日本のフェミニズム運動の始まりと言えば、『青鞜』や婦人参政権運動などをあげるのが定番だが、本書は矯風会を始めに位置づけているのが面白い。確かに、売春防止運動を展開した矯風会はセクシュアリティに関しては「保守的」だとしてネガティブに言及されることが多い。しかし、矯風会から現代のAV出演強要問題までを通してみてみると、女性や子どもの性を搾取する社会構造は落胆するほど変わっていないことが分る。読みやすさと奥深さを両立させているいい本だと思う。

  • 東2法経図・開架 367.21A/Ki64n/1/K

  • 北原みのり先生がさまざまな能力者を集めて活動させてお膳立てしたうえで、最後に自身が長年批判されてきた笙野頼子先生を召喚して焚き付けて大爆発させる、みたいな。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1970年神奈川県生まれ。作家。津田塾大学卒。96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立。著書に『毒婦。』、『奥さまは愛国』『性と国家』(共著)など多数。

「2017年 『日本のフェミニズム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北原みのりの作品

日本のフェミニズムを本棚に登録しているひと

ツイートする