すぐやる人の「やらないこと」リスト

著者 :
  • 河出書房新社
3.77
  • (7)
  • (11)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 309
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309249537

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上期の反省を込めて読んだ本②
    サーッと読める内容だったが、改めて気づかせられる点があった本でした。

    【なるほど!そうだよな!と思ったフレーズ】
    体験こそがオリジナリティ。
    お金で買えるものは誰にでも買えるものですが、体験だけは唯一無二。自分にお金を使うことで自分にしか語れない経験が増える。それが自分にしかできないものを築いていくための手段。

  • 2.3時間で脳は活性化
    書類は一から作らない
    曖昧な言葉使わない
    人の心を深読みしない。
    朝目覚めるとぎっしり24時間が詰まっている
    知識はスキルにする
    本はジーンズと同じ
    自制心を使う環境にしない

    やらない事を決めるのが人生

  • 「やらない」といっても、怠惰のやらないとは違う。
    「やりたい」ことを優先し、人生を充実させるために「やらない」ことを決める。

    私の生活を振り返って「やらない」ことを考えてみた。
    ○朝起き抜けにスマホを見ない。
    ○買う予定もないのに、メルカリを見ない。(見るなら、時間を区切って)
    ○長時間昼寝をしない(夜眠れなくなる)
    ○寝室にスマホを持ち込まない。
    ○ 18時以降職場に残らない。
    ○休日出勤しない。
    ○洗濯物を置きっぱなしにしない(すぐたたむ)
    ○16時以降コーヒーを飲まない
    ○「でも」を使わない(他人に使う言葉を変える)
    ○締め切りギリギリにしない(自分で早めに期限を決め取り掛かる)
    ○マルチタスクをしない(気になる事は紙に書き出して忘れる)
    ○エレベーターを使わない(階段を使う)
    ○人の心を深読みしない。(考えるだけ無駄)
    ○甘い飲み物は飲まない。(白湯、お茶を飲む)
    ○ぐずぐずする時間を取らない(すぐやる)
    ○5つ以上の持ち物は覚えない(リストを作る)
    ○物を持ちすぎない(本当に気に入ったものだけ)
    ○正論を振りかざさない(相手の感情を理解する。)
    ○他人に期待しない(相手に期待しないと自分が準備できる)
    ○仕事を丸投げしない(相手が今すぐ確実に動くための伝え方が必要)
    ○無駄な努力をしない(自制心を働かせなくて良い環境を作る)
    ○損得感情で動かない(損得よりやりたいかどうかで決める)
    ○夢や目標を無理に持たない(夢や目標持つより先に行動する)

    イチローが残した言葉も心に残った。
    「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」

    行動や思考の「断捨離」をし、本当にやる必要があるのか、何のためにそれをやるのかを明確にしていく。
    人付き合いにおいても、誰とでもダラダラ過ごすのではなく、限られた時間の中で誰と会うかを取捨選択していく。ゆったりと過ごす時間とやることを確実にやる時間が圧倒的にはっきりする。メリハリのある行動と言うのはこういうことをいうのだ。

    やらないことを決める。
    そして、やることを明確にして、すぐやる。
    そうすると人生は変わっていく。

  • すぐやる人のやらないことリスト
    すぐやる人は、他人への期待を手放しています。つまり、人をどうしようとか人にどうしてもらおうという考えを捨てているということです。

    知らないことは知らないとその場で言う。
    疑問や質問はその場ですぐに解消する。

  • 「やる」ために「やらない」
    ミニマリズムにも通じており、面白かった
    文章のテンポもよく、読みやすい
    「Pdca」と「pDCA」の表現はお上手

  • やることリスト、より、やらないことリスト、のほうが大事だよなぁぁぁぁ、とタイトルで改めて感じたので読んだ。
    「エレベーターの閉ボタン押さない」。
    わたしも気をつけたい。あの閉ボタンを押すことで得られる時間はない。あの時間くらいゆったり待てるくらい心のゆとりある人になりたい。

  • いかに不毛な時間を過ごさないか。
    考えすぎず、自分の気持ちややりたいことを優先して行動する。

  • ◎共感できたリスト

    なんでも一人でやろうとしない
    負の感情を抑え込まない
    なんとなくで仕事を始めない
    他人に期待しない
    絶対に夜更かししない
    スマホの通知をオンにしない
    認められようとしない


    ◎共感出来なかったリスト

    あえて電子書籍は読まない
    貯金はしない

  • 【結果】ためになることはいくつかあるが、科学的根拠は紹介されていないように思った


    【所感】
    ところどころ、科学的に証明されていることが出てきており、著者が論文のリサーチをしていないならば、センスが良いのだと思う。

    科学的根拠が示されたら、大満足だったのだが…
    やや自己啓発的な内容が多く、ロジックが欲しいと感じた。

  • 体調を整える、50%という途中でも良いから部下の作業を確認して、方向性が合ってるかチェックする、差別化を計り同じ土俵では戦わない
    印象に残った言葉です。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ジーエルアカデミア株式会社 代表取締役。 京都山城スポーツクラブ代表。Highly Skilled Japan株式会社取締役。同志社大学嘱託講師。
1984年京都生まれ。高校時代、偏差値30台、退学寸前の問題児から一念発起し、同志社大学に現役合格。卒業後、ケンブリッジ大学大学院で心理学を学び、修士課程修了。
帰国後、京都にてグローバルリーダー育成を専門とした「ジーエルアカデミア」を設立。
心理学に基づいた指導法が注目され、国内外の教育機関や企業、トップアスリートなどから指導依頼が殺到。これまでのべ6000人に対して、世界に通用する人材の育成・指導を行い、のべ400人以上の日本人をケンブリッジ大学、ロンドン大学をはじめとする海外のトップ大学に合格させている。また、TOKYO STAR RADIOにてラジオパーソナリティを務めている。
主な書籍として『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』『すぐやる人のノート術』『すぐやる人の読書術』(明日香出版社)、『頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き』(すばる舎)などがある。

「2020年 『ヤバいモチベーション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塚本亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

すぐやる人の「やらないこと」リストを本棚に登録しているひと

ツイートする
×