この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

制作 : Lewis Dartnell  東郷 えりか 
  • 河出書房新社
3.75
  • (24)
  • (43)
  • (42)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 779
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309253251

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明が滅びたあと、どう生き残るのか? 穀物の栽培から鉄の精錬、医薬品の作り方など、さまざまな科学技術について知る!

    ゼロからどうすれば文明を再建できるのか?穀物の栽培や鉄の製錬、印刷、発電、輸送機器、医薬品など、現代生活の基礎となる科学技術をどのように復活させるのか?

  • 書かれている事は、ツッコミどころ満載です。各分野の専門家が読んだら失笑する内容かもしれません。しかし、この本の目的は思考実験や科学の再考にあり、読者にとって新しい発見のきっかけとなるのでは、と思いながら読みました。

  • 内容は面白いのだけれどなかなか難しく、覚えられない。実際に困ってみないと身につかない。この世界が消えたあとに、探すべき本の一つなのだと思う。

    鉄を溶かして成形することひとつ考えても、非常に難しいと思う。人類は、わずか数百年の間によくもここまで科学を発展させたものだと感心した。人口が多く、分担して研究、開発できたからというのは大きいと感じる。
    世界の人口が数万人程度に減ったときに、そこからどれくらいの速さで文明を取り戻せるか、自分にもそれなりの科学の素養はあるのだけれど、それでも想像がつかない。

  • 現代知識チートマニュアルと似ている。
    なんかあんまり頭に入ってこなかった。読みたい本が多すぎるのと、本以外にやりたいことが多すぎるのかもしれない。

  • 2018/06/02 初観測

  • 地球は様々な脅威(隕石の衝突、ウィルスの蔓延、自然災害など)に晒されており、何時、人類の大部分は滅亡してもおかしくない。そのようなケースを想定し、現代の科学文明をいかに復活させるかを考察したのがこの本である。
    内容は、テーマに沿って基本的な技術・理論を解説し、入手可能な材料を使って、どのように科学文明を再構築するかを考察している。興味深い内容で大変面白かったが、テーマ毎に解説内容にややレベル差があって、判りにくいものもあった。また全体的に図版や事例が少なくて、文章だけでは理解しにくい部分もあったが、とりあえすこの本一冊あれば、現代文明の主要な技術の概略を知る事ができると思う。
    「リセットされた大絶滅後の文明にとって、一番役に立たないものはお金だ。そして役に立つのは知識と知恵である」確かにそうだけど、その前に自分の命があるかどうかが問題だろう。

  • ノンフィクション
    サイエンス

  • [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    この本を読むと人類文明は数多くの科学や技術に支えられている事が理解できる。
    実際にこの本に描かれている内容を実践する機会が人生に無いことを祈りたい。自分に書かれている内容をできるようになるとは思えないしね。
    この本の使いみちは物語を書いたりする場合に便利なのかもしれないな。大雑把ではあるが人類に大きな影響に与えた科学技術についてが解説されているので、キッカケとしてはいいんじゃないかな。

  • 小さい頃、思ったことがある。私はマッチやライターがなければ火を起こすことすらできないわけで、もし無人島に独りで流れ着いたり世界が終わってしまったりしたら、そこから何もできないなあ、と。誰でもふとした時に思うことかもしれないけど、最近それが現実味を増して感じられたりする。
    私は相変わらず火も起こせないけれど、この本があれば大丈夫(多分)。著者(レスター大学の研究者で宇宙生物学が専門)の教養の広さと深さは半端なく、もしかしたら本当にいつか誰かがこの本に収められた知識に救われる時が来るのかもしれない。
    私の頭にはあまり残っていない気がするけど、読むのはとても楽しかった。万が一必要になったら……また図書館でこの本を探しましょう。
    一応、本気で素人向けに書いているのだと思うので、簡単な図や絵が付いていたら、もっと役立ちそうな本になったかなと、そこだけ残念。

  • 後半は蛇足的な感じがしたが、前半はかなり考えさせられた。

    もし世界が崩壊したら、電力や輸送機関などが使えなくなり、工業は停止=工業製品はできなくなる。

    最初に復旧しなければいけないはずの農業も現在は工業に依存していることを改めて思い知らされる。種、肥料、農業機械、全て工業製品である。そして医薬品に頼っている医療も工業に依存している。

    世界崩壊後、生き残っても生き抜くことは相当難しいようだ。

    だからこそ1番最初に必要なことは「生き抜くための知識の保管と配布」ではないかと思う。具体的な方法が思いつかないが、生き残った人に具体的な生存手段(知識)を広めることができれば、人類が復興する可能性は高いような気がする。

    準備は必要だが、このような事態が来ないことを切に願う。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イギリス・レスター大学のイギリス宇宙局の研究者で、宇宙生物学が専門。火星における生命の痕跡を探すプロジェクトに関わっている。サイエンス・ライティングで数々の賞を受賞し、BBCテレビにも出演している。

「2018年 『この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイス・ダートネルの作品

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかたを本棚に登録しているひと

ツイートする