イラストで読む ギリシア神話の神々

著者 :
  • 河出書房新社
4.00
  • (11)
  • (19)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 186
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309255743

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 杉全美帆子のイラストで読む美術シリーズ制作日誌
    http://sugimatamihoko.cocolog-nifty.com/

    イラストで読む ギリシア神話の神々 :杉全美帆子|河出書房新社
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309255743/

  • ヨーロッパの美術館に行って説明書きを読んでも人物の相関関係だったりストーリーだったりが断片的でモヤモヤしていつか体型だってまとまって知りたいと思っていたので、漫画で書かれていて本当に分かりやすかった。途中途中で実際の画家が描いた絵の挿絵もあり見た事のある絵も多くて良く流れが分かった。
    神々の名前が例えばゼウス、ユピテル、ジュピターと言ったように同一人物でギリシア語、ローマ語、英語で全く呼び名が異なるのも混乱する一因。
    また画家によって同じ人物の神様でも見た目が違うのが、お側に控えてるシンボルの道具とか動物とかの説明がきも分かりやすかった。
    それぞれの神々同士の関係図も詳しく書かれていて、えっ!そこ親子?ここは兄弟?みたいなのが随所にあった。

    それにしても神様達の、浮気、略奪愛、怨み、嫉妬、殺人、極刑、近親相姦…、とても神様とは思えない行為に逆に人間臭いと面白く読ませてもらった。
    一番の衝撃はメディアの話かな…

  • ギリシャ神話とローマ神話のなにが違うんだ?
    アフロディーテとヴィーナスの違いは?
    という素朴な疑問からスタートしたので、わかりやすそうなイラスト入りの本書を手に取ったが、大正解だった。
    ギリシャ神話の最初の始まりから、有名なゼウス達オリンポス12神の話が網羅してあり、しかもギリシャ/ローマ/英語別の呼び方や絵画でのシンボルが記載してくれていたので、疑問が一つ解けた。

    ゼウスとユピテルとジュピターは呼び方の違いで同一人物なのね。

    そして、惑星がギリシャ神話から名前を取ったという話もここで納得。
    アース(地球)→ガイア、テラ
    マーズ(火星)→アレス、マルス
    マーキュリー(水星)→ヘルメス、メルクリウス
    ヴィーナス(金星)→アフロディーテ、ウェヌス
    ジュピター(木星)→ゼウス、ユピテル
    サターン(土星)→クロノス、サトゥルヌス
    ウラヌス(天王星)→ウラノス、ウーラヌス
    ネプチューン(海王星)→ポセイドン、ネプトゥヌス
    プルートー(冥王星)→ハデス、プルート

    ただでさえ登場人物多いのに、そりゃ混同してわからなくなるよねー!

    ◇印象的なエピソード
     ・本当の最初はガイアだった話
     ・ヴィーナスの誕生の絵画のシーンって…親父が息子にちょん切られたシチュエーションだったのか!!!
     ・人間を作ったプロメテウスがプロローグの語源
      しかし、その代償はかなり残酷
     ・英雄ヘラクレスの壮絶な死に際 
     ・美しい髪の毛のメデューサ、ポセイドンとアテナの神殿でいちゃついたばかりに化け物にされる
     ・鍛冶の神ヘパイストス、捨てられたヘラに報復し、ちゃっかり美の神を要求する
     ・黄金の雨に変身したゼウスと交わり妊娠したダナエ


    ○オリンポス12神
     ・ゼウス:主神。電雷、王笏、鷲がシンボル
     ・ヘラ:最高位の女神。結婚、貞淑、出産を司り、孔雀、カッコウ、牡牛、王冠がシンボル
     ・アポロ:芸術、音楽、医術など色々。月桂樹の冠、竪琴、銀の弓矢がシンボル
     ・アルテミス:狩猟、繁殖、自然を司る。ミニスカート、金の弓矢、鹿がシンボル
     ・アフロディテ:愛、美、多産を司り、ホタテ貝、バラ、鳩、黄金のリンゴをシンボルとする
     ・アテナ:戦争、学芸、工芸、織物を司る。メデューサの首の盾、フクロウ、オリーブの枝がシンボル
     ・ヘパイストス:火と鍛冶の神でやっとこ、かなづち、鍛冶の道具がシンボル
     ・ハデス:死者の国、冥界の王。ケルベロス、糸杉、メンフクロウがシンボル。
     ・デメテル:豊穣と穀物、農業の神。小麦、麦穂、ミント、キジバトがシンボル。
     ・ディオニュソス:酒、狂気、陶酔、ブドウの栽培、演劇の神。葡萄、蔦、イチジク、豹の毛皮がシンボル。
     ・ヘルメス:商人、旅人、盗賊詐欺の守護神。シンボルは旅人の防止、翼のついたサンダル、伝令杖ケーリュケイオン。
     ・ポセイドン:海界の王。イルカ、三又の矛、海洋生物いろいろがシンボル。
     ・アレス:破滅的な戦争などを好む戦の神。槍や武具がシンボル。

  • 2019/09/14

    わかりやすい…?とはいえど
    やはり神々は我々凡人人間にはわからん!
    エピソード多め、名前だけは知ってる神のことをより深く学べる一冊

  • 海外文学や美術・絵画を理解したいがために、今一度神話やら宗教やらの勉強をしているところで出会った本。他書も読んでいて理解しやすかったせいもあるのか、こちらの本はクスクス笑いながら読めました。

    肝心の内容としては、要所が押さえられており絵画とも合わせて紹介されていたので私にはちょうど良かったです。ぼんやりとしかわかっていなかった神話のエピソードが、「こういう話だったのね」と合点しました。同じような感じで、海外文学作品との紐付けがあるといいなと思いました。

    書いてあるイラストや言葉の一つ一つがクスッとした笑いを誘っており「イラストで読む〜」の他のシリーズも読みたくなってしまいました。

  • 著者のはじめにでも書いてあるようにギリシャ神話の様々エピソードに名画を載せて理解しやすいものになっていました。美術館行くのが楽しみになりました。ギリシャの導入としてはわかりやすいと思います。

  • 小学生の時に子ども向けのギリシャ神話を読んだが
    ほとんど覚えていなかったので、記憶を呼び起こすために購入。 
    詳しすぎないので、さっと読むのに適している。

  • 杉全(すぎまた)美帆子(1974年~)氏は、女子美大卒、広告制作会社・広告代理店にグラフィックデザイナーとして勤務後、イタリアへ留学し、帰国後は本「イラストで読む~」シリーズなどを発表しているイラストレーター、作家。
    ギリシア神話は、紀元前15世紀頃から、各地を遍歴する吟遊詩人らによって伝承されてきたが、紀元前9~8世紀頃にホメーロスの二大叙事詩『イーリアス』と『オデッセイア』が作られ、その後に続いたヘシオドスの『神統記』により、神々や英雄たちの関係や秩序が体系的にまとめられ、「体系的なギリシア神話」が成立したと考えられている。
    何もない状態(「混沌」)から世界が生まれ、ゼウスが神々と人間を統治するようになった経緯や、多くの神々(ゼウス、アポロン、アフロディテ、アテナ、ディオニュソス、ヘルメス、ポセイドンらオリンポス12神など)や英雄(オルフェウス、ヘラクレスなど)が登場して人間のように愛憎劇を繰り広げる展開などは、日本の記紀神話にも相通ずるところが少なくなく、世界各地に伝わる神話の成り立ちの関連性にも興味が湧く。
    また、ギリシア神話は、古代ギリシアの哲学や思想、ヘレニズム時代の宗教や世界観、キリスト教神学の成立など、多方面に影響を与え、西欧の精神的な柱の一つとなり、中世以後も、ルネサンス期、近世、近代の思想や芸術において、そのインスピレーションの源泉となっていた。
    一方、一般的な日本人としては、その神々らの名前は結構頻繁に目や耳にするものの、冗長な「ギリシア神話」本体を手に取るほどではないというのが正直なところであるが、本書は、イラストで神話の大きな筋を追いながら、関連する芸術などを紹介するという仕立てになっている。特に、数十に上る登場人物を相関図にした上で、我々も名前を聞いたことがあるような主要な人物(神・英雄)ごとに説明するという構成は工夫されており、私も、大きな苦労なく読み進めることができた。また、今後も、神々の名前に触れるたびに、本書を参照することになるだろう。
    (一般の人が知りたい)ギリシア神話・ギリシアの神々のエッセンスが、読み易くまとまった良書である。
    (2020年11月了)

  • この人のイラストが好き。

  • コミックエッセイの形で読みやすい一冊
    わかりずらいギリシア神話の最初のとっかかりとしてはこれでよいかも

    杉全美帆子のイラストで読むシリーズは他にもある

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県生まれ。女子美術大学絵画科洋画卒業。広告制作会社でグラフィックデザイナーとして働く。イタリア留学し、08年アカデミア・ディ・フィレンツェを卒業。著書『イラストで読むルネサンスの巨匠たち』など。

「2021年 『イラストで読む ルネサンスの巨匠たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉全美帆子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
佐藤 正午
エラ・フランシス...
寺地はるな
多和田 葉子
三谷 宏治
リンダ グラット...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

イラストで読む ギリシア神話の神々を本棚に登録しているひと

ツイートする
×