無明 内田吐夢

著者 :
  • 河出書房新社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309256306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先日読んだ町山氏と春日氏の対談本に、「宮本武蔵」についての言及があったので、重ね合わせて読んだ。映画が撮れなかった空白期の体験が、その後の作品に色濃く反映されていることが分かる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

四方田犬彦(よもた いぬひこ)
1953年、大阪生まれ。映画と比較文学の研究者、詩人、批評家、エッセイスト。
東京大学文学部宗教学科を卒業。同人文系大学院比較文学比較文化科博士課程を中退。長らく明治学院大学教授として映画史の教鞭を執る。
1998年、『映画史への招待』で第20回サントリー学芸賞(社会・風俗部門)を、2000年『モロッコ流滴』で第11回伊藤整文学賞(評論部門)および第16回講談社エッセイ賞を、2004年『白土三平論』で日本児童文学学会特別賞を、2019年第10回鮎川信夫賞をそれぞれ受賞。その他多くの受賞作がある。
2009年1月、共著等をふくめ「著作100冊到達」。それまでの99冊からの自選ベスト集『濃縮四方田』を刊行した。

四方田犬彦の作品

無明 内田吐夢を本棚に登録しているひと

ツイートする
×