原子心母―芸術における「心霊」の研究

著者 :
  • 河出書房新社
3.11
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309262901

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 意識の中と外の存在を、どうとらえるのか。
    走馬灯体験への言説「体験は事後的なものでしかなく、記憶も文学的に語られる」に深く同意。それでも積み上げる(と錯覚しながら?)前に進もうとするのが人間なのでしょうね~。

    「我思う、故に我あり。でも外部デバイスでもOK.」というのは近年SF(っていう表現もあまり聞かないが)の大きなテーマですね。そのときの自我は誰のものか。


    後半はちょっとアタマに入らなかった^^;

  • 芸術における「心霊」の研究

    神秘が解体したあとに現れた
    テクノロジーによる神秘の再生手術

    河出書房新社(1996/8/9初版発行)


    ○知覚の扉
    知覚の扉 幻想芸術 物質と記憶

    ○失われた時を求めて
    バーチャファイター 幽体離脱批判
    夢のブラック・ロッジ 失われた時を求めて

    ○神のアフレコ
    愛 魂 ヤレ 神のアフレコ

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

美術批評家。1962年秩父生まれ。
著書に『日本・現代・美術』(新潮社、1998年)、『「爆心地」の芸術』(晶文社、2002年)、『黒い太陽と赤いカニ─岡本太郎の日本』(中央公論新社、2003年)、『戦争と万博』(美術出版社、2005年)、『なんにもないところから芸術がはじまる』(新潮社、2007年)、『反アート入門』(幻冬舎、2010年)、『新版平坦な戦場でぼくらが生き延びること岡崎京子論』(イースト・プレス、2012年)、『アウトサイダー・アート入門』(幻冬舎、2015年)ほか多数。
2015年、『後美術論』(美術出版社)で「第25回吉田秀和賞」を受賞。現在、多摩美術大学教授。


「2017年 『震美術論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

椹木野衣の作品

ツイートする