ジャズの明日へ―コンテンポラリー・ジャズの歴史

著者 :
  • 河出書房新社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309264097

作品紹介・あらすじ

「モダン・ジャズの幸せな時代」崩壊後の40年をスリリングな発見とともに検証し、来たるべき姿を予見する。自在な語り口にのせて逸才、村井康司が切りひらくジャズ評論の新地平。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 70年以降にはもうジャズ史というのは存在していない、と考えて音楽界全体を見渡してみた方がいいのかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ジャズ批評家。

「2016年 『ロバート・グラスパーをきっかけに考える、“今ジャズ”の構造分析と批評(への批評)とディスクガイド(仮』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村井康司の作品

ツイートする