自分たちでマンションを建ててみた。―下北沢コーポラティブハウス物語

著者 :
  • 河出書房新社
2.69
  • (0)
  • (0)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309264448

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『自分たちでマンションを建ててみた。』 http://d.hatena.ne.jp/kojitya/20100603/1275597092

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    自分好みの完全自由設計でマンションを自主建設したら、20%安で120%満足!コーポラ住宅入居者初の感動の体験記。


    内容(「MARC」データベースより)
    コーポラティブハウスとは、入居者が地主から直接土地を共同購入して自主建設する集合住宅のこと。竣工までに2年かかるが2割安。完全自由設計。たった1軒のお気に入りを建てるまでの体験記。〈ソフトカバー〉

    目次
    第1章 不動産探しで東京一周―家探し70軒で得た「客の心得AtoZ」(名刺300枚の呪縛
    探せど探せど道は見えず
    営業マンの見分け方 ほか)
    第2章 下北沢コーポラティブハウス日記―それはインターネットから始まった(3月15日・インターネットで入居者を集うコーディネート会社とは
    四月四日・散歩で古いお屋敷に出会う
    4月19日・11戸募集に500人!コーポラ熱は上昇の一途なのだ ほか)
    第3章 入居までの2年間で育まれたコミュニティが伝えるもの―コーポラティブハウスの歴史と成り立ち、そして未来(遠くの親戚より近くの他人
    総会150回じゃ耐えられない!
    コーポラティブハウスに魅せられた、ある銀行員の転機 ほか)
    まとめ これからコーポラティブハウスに参加するあなたに―より安く、より高品質に、こだわりを形にしよう

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。作家、エッセイスト。女性誌、書籍を中心に、人々のライフスタイルや人物ルポを執筆する。著書『東京の台所』『男と女の台所』『あの人の宝物 人生の起点となった大切なもの。16の物語 』『届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び』など。

「2018年 『昭和式もめない会話帖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大平一枝の作品

ツイートする