ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』を読む

著者 :
  • 河出書房新社
3.69
  • (4)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309264462

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「快楽の園」という沢山のモチーフが散りばめられた絵の中の、モチーフひとつひとつについて、聖書や当時のベルギーの風習やことわざと照らし合わせながら詳細に研究してある。

    個人的には、好きなように描いただけじゃないの?と思うバラエティ豊かなモチーフたちに「あああ!これは!!あれだよ!!!」と牽強付会イエー!な感じでのめり込んで持論を展開してゆくノリについていけなかったのであんまり楽しめなかった。
    ちなみに文章はこんなにハイテンションではない。

  • 絵画に描かれたもの(動物、植物、魚、人、背景)が何を暗喩しているのかを事細かに書いている。
    要は元ネタの解説。
    同時代の他の人、絵画、聖書などから推測されるもの、他の方々の解説の翻訳など。
    参考図画も大量にあるのにカラーでないのが残念。

  • 西洋風曼荼羅、と言えばいいのでしょうか。

    ウォーリーを探せ、よりこれ見て育てばよかったかな。この恐ろしいほどに細かい米粒人間、怪物、動物、果物、には∞の謎と、もしかしたら答えが隠されている。
    それを一つずつ先生と一緒に解いていきましょうか、という本。単語の裏意味、西洋(とくにJheronymusの母国であるオランダの)諺なんかを何も知らない人向けに丁寧に教えてくれている。

    宗教を良く知りたい人にもきっと役に立つ、これからいっぱい西洋画を見よう!って人にも役に立つに違いないトリビア本。

    4つ星なのは、重量オーヴァーのせい。画集としては文句がないプリントなんですが。

    私も木箱入りの一万ピースのパズル買おうかしら。

  • 海斗がフェリペに王宮で見せられたトリプティカ、ヒエロニスム・ボッスの『快楽の園』。ボッスについて書かれた本は多いですが、1枚の絵画について深く掘り下げてあり、とっつきやすいと思います。解釈や謎解き、宗教画の基本的な知識まで図解入りで解説との事。絵画に詳しくない人でも大丈夫そうです。

  • 彼の描く人物の目つき、肌、色彩、ヒトならざる物体、風景。「恐い」だけで片付けるには勿体無い彼の名画のひとつ「快楽の園」を様々な部分から解釈していく一冊。是非これを読む前と読んだ後に彼の絵を眺めてみて欲しいです。

  • ヒエロニムス・ボス快楽の園一枚だけにターゲット絵を絞り、図像学的にこの不可解な名作を読み解こうとした珠玉の一冊。その造詣のなんと深く広いこと。聖書を中心とした図像の解読、または他の絵画との比較も興味深く、しかし同時にボスと言う異能の作家に新たなる不可思議のベールを掛けていることになる。今から五百年前、いったいネーデルランドで「森」という名を持った画家は何を見詰めていたのだろうか。

  • 図解入りでわかりやすい。宗教画の理解の仕方も説明してある。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年生まれ。倉敷芸術科学大学教授。神戸大学大学院文学研究科修了。美術史家。専門は北方ルネサンス美術、図像学。ヒエロニムス・ボスの研究で知られる。著書に『天国と地獄』(講談社選書メチエ)『ヒエロニムス・ボスの図像学』(人文書院) 『快読・西洋の美術 視覚とその時代』(勁草書房)、共著に 『世界美術大全集 第14巻 北方ルネサンス』(小学館)、 『北方に花ひらく 北方ルネサンス I 』(名画への旅 第9巻、講談社)ほか。

「2017年 『『快楽の園』を読む ヒエロニムス・ボスの図像学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神原正明の作品

ツイートする