JAZZオーディオ悶絶桃源郷

著者 :
  • 河出書房新社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309264912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オーディオアクセサリー誌の連載は寺島靖国氏が一番力を入れているエッセイだと思いますが、それがまとまっているので面白くないわけがない! 「JAZZオーディオ快楽地獄ガイド」の続編と言うべき一冊。

  • ジャズ喫茶店主の少しばかり大胆な、よい音でジャズを聴きたいという苦悩の日々を綴った本。為にはなるけどねぇ、でも?って本かな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1938年、東京都生まれ。早稲田大学文学部独文科を卒業。会社勤務を経て、1970年、東京の吉祥寺にジャズ喫茶「メグ」を開店。「スイングジャーナル」「ジャズ批評」「オーディオアクセサリー」「ジャズ・パースペクティヴ」などにジャズ、オーディオに関する評論、エッセイを発表。なにものにも属さない評論にはファンが多い。著書に『JAZZ ピアノ・トリオ名盤500』(大和書房)、『JAZZ オーディオ悶絶桃源郷』(河出書房新社)、『辛口! JAZZ ノート』 (講談社)、『サニーサイド ジャズ・カフェの逆襲』(朝日文庫)、『JAZZとオーディオに魅せられた男のワンダーランド』(音楽之友社)、『JAZZ 偏愛主義』(DU BOOKS)など多数。

「2018年 『JAZZ遺言状』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺島靖国の作品

JAZZオーディオ悶絶桃源郷を本棚に登録しているひと

ツイートする