キャッテゴーリー

  • 河出書房新社
3.59
  • (27)
  • (22)
  • (65)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 251
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309266879

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんともいえない表情の、猫たちの本。言葉はなく、無表情でこちらを見つめ、または背中で語るかのようにポーズを取る猫たち。ゴーリーは死を予感させる作品が多いことから、身構えて読んだので、なんだか肩透かしを食らった気分。たまには平和なゴーリーも良いか〜。各ページに番号が振り分けられているのですが、5番目に漢数字が使われていたことに驚き。日本に関心あったのかな?インタビュー関連は未読なので、その背景が分からずモヤモヤ。10番の梯子に挟まる様子がお気に入り。

  • はじめてかな。こわくないゴーリー本。猫中心と、数字中心、まわりの背景中心と最低3回は楽しめる。こわくないはずなんだけどやっぱり、深読みしてしまうのはだいぶゴーリー慣れしてきたせいか。

  • ゴーリーの、うろんな客ならぬうろんな猫画集。
    どうしてそこにいるのか、何故そうしているのかわからない状況の中、飄々としている猫達。
    続き数字で繋がれてはいるものの、絵に前後関係は見られない。
    はっきりとした意味はわからないのだけど、何か楽しい。
    何か楽しいんだなぁ。

    実はゴーリーの激ムズ猫神経衰弱カードを持っているのだけど、その絵がここからだと読んで知った。
    カードは絵の一部分しか使われていないものもあるので、全体がわかってすっきり。
    この神経衰弱、絵をそのままでなく、言葉に置き換えて記憶するタイプには、本当に難しい。
    「どこだっけ、ボートの猫その1!」
    「ああ!瀕死の猫その2!」
    という無意味な叫びがこだますることになる。
    瀕死なのかどうかは見る人の主観で真偽不明なのだけど…。

  • ❖ほとんどゆるキャラ化したゴーリー猫のイラスト(ポートレート)集。画のどこにも魔の影も不穏の綻びもない・・おだやかな午後のひととき。

  • 猫と数字50まで。

    とぼけた猫が今でもありそう。

  • 理不尽な理由で子どもが死んだりすることが多いゴーリー作品において特権階級ともいうべき猫。その猫が50匹でてくる。猫はいずれも楽しそうで幸せそうな顔をしている。BUMP OF CHICKENの藤原氏がデザインしている猫はあまりにもゴーリーの猫に似ている。縞々のマフラーを巻いた猫。

  • 2015 6/13

  • ◆原題:CAT E GORY(1973)和書(2003)◆1〜50の数とゴーリーキャットが一輪車、ボート、板、リボン、石、小包、壺、梯子などのアイテムとともに。時折、思わぬサプライズ付き♪ ◆ゴーリー絵本で猫はほとんど酷い目にあわないそうですが、この絵本も例にもれずいたって穏やか。孤独をかこつようでもあり、孤独を楽しむようでもあり。私は、ボートや一輪車など乗り物と猫の組み合わせがお気に入り。フィーリングの合うナンバー探しも楽しい。2/5/10/11/17/18/24/27/31/44/49□

  • 1から50の数字がそれぞれのページのどこかに書いてある。どこか間の抜けてるような、達観してるような、不思議な猫達が描かれている。ゴーリーの作品には珍しい普通さ。

  • なんだあの猫かわいい……

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1925年シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章とモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表。邦訳書に『ギャシュリークラムのちびっ子たち』『うろんな客』などがある。2000年没。

「2018年 『音叉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エドワード・ゴーリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エドワード・ゴー...
エドワード リア
アンディ ライリ...
モーリス・センダ...
安部 公房
エドワード ゴー...
エドワード ゴー...
エドワード ゴー...
エドワード ゴー...
エドワード リア
エドワード ゴー...
エドワード ゴー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする