シンプルで愛しい古裂のバッグ―お気に入りの和布で自由に手づくり

著者 :
  • 河出書房新社
3.50
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309267029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何冊か図書館で借りて読んだりして、すっかり好きになった渡部サトさんの作風。バッグ作りの本が出版されていることを知って、ネットで注文してみました。この本、ギャザーのロングバゲットバッグが可愛い!もっと技術が向上したら作ってみたいです。(まだ合皮の使い方がよく分からない…)

  • 上品にたたえられた素材感、周りの空気を吸い込むような存在感と美しさ。不思議な力をもつ古裂を使った実用的でかわいらしいバッグと小物の作り方を紹介。和と現代の素材とのコラボレーションなどミックスな雰囲気が楽しめる。

  • バッグの形はかなりかわいいですが、デザインは私の好みじゃなかったです;

  • いかにも〜ってカンジの古裂・デザインでなく、すべてカワイイ。古裂を使わないで作ってもかわいいデザインばかりだと思います。

  • いろんなカタチのバッグが載っているので、古裂だけに限らずいろいろ応用が利きます。

  • 作りたい、持ち歩きたいバッグ達。 ラウンドバッグは直ぐに作れそう。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1971年いわき市生まれ。文化服装学院卒。作家名(渡部サト)は手作りの師匠である祖母から。「シンプルさのなかにほんの少し個性をプラスする、さりげない格好よさ」がデザイン信条。

「2015年 『ときめく手編みのブランケット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部サトの作品

ツイートする