英国レディになる方法

  • 河出書房新社
3.78
  • (14)
  • (13)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309267777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 19世紀イギリスの少女が大きくなる過程で触れるもの、母親として子供に与えるもの、年中行事や服喪について書かれている。『不思議の国のアリス』とか、この時期のイギリスの小説をもう1度読んでみたくなった。

  • w

  • タイトルから受ける印象よりも、中身はずっと質実。19世紀のレディの身の回りにあった物をひとつひとつ丁寧に紹介している。同時代の文学作品が数多く引用されていて、その物が出てくる場面が確認できるので、「あ、このときの」と思い出すことができて楽しい。昔読んだ作品がより彩りをもってよみがえってくる感じ。

  • 当時の英国貴族の風俗を知るには良い本だと思いますが、これではタイトル詐欺だと感じました…

    内容はとても面白かったです。

  • 図版が多くて楽しめました。

  • ヴィクトリア時代の資料として役立ちます。

  • 中流階級の話多めでした。興味ある分野なので読めてよかったです。

  • 英国レディーもっこう流行に眼の色変えるミーハーだったのね。

  • 英国レディになる方法、というタイトルですが、読んでもレディにはなれそうにありません。
    ただ、日常生活に関して、かなり細かく、詳しく解説されているので、資料としてはいい本だと思いました。
    図版はやや少なめですが、その分、本文がかなり詳しく、わかりやすいです。
    あまり分厚い本は読める気がしないけど……という方でも、すぐに読める分量ですし、1冊手元にあると便利そうです。

  • 英国レディの人生を支えた「物」や「事」。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年、大阪府堺市生まれ。中京大学国際英語学部教授。専攻はイギリス文化・英語圏文学。主な著書に『イギリス式結婚狂騒曲』(中公新書)、『英国文化の世紀四 民衆の文化誌』(共著 研究社)、『衣食住で読むイギリス小説』(共著 全三巻 ミネルヴァ書房)、『英国レディになる方法』(共著 河出書房新社)、『図説スコットランド』(共著 河出書房新社)など。

「2016年 『図説 英国レディの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩田託子の作品

ツイートする