あなたの色を見つければ、すべてがうまくいく

  • 河出書房新社
3.38
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309268262

作品紹介・あらすじ

アメリカNO.1カラーセラピストによる色彩テスト「デューイ・カラー・システム」がついに上陸!恋と仕事と人生を豊かにするためのハッピーカラーバイブル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり当たってます!最初の色の選択で見る色が多分絶妙で、普段の好きな色とは別なものを好ましく思ったりして、そちらの結果の方が当たっているという感じ。確かに元々の文章のせいなのか訳のせいなのか、読みにくさはかなりあります。でも、楽しめますよ☆

  • 色彩の学びを進める上で気になって手にした一冊。
    原題は"Choose Your Colors, Change Your Life"
    (直訳すると「あなたの色を選んで、人生を変えましょう」)

    「人の才能を磨くこと」をライフワークに掲げるデューイ・サッカ氏による著作。同氏はアメリカの大手人材紹介会社での18年間の経験から、人の心の奥にある気持ちを理解することが求職者の真のニーズの理解や才能の開発にも結びつくと考え、「本心」を理解する上での壁のひとつとなる「言葉(言語によって表現され理解されるもの)」を超えたより深いレベルでの自己理解を可能にするシステム(デューイ・カラーシステム)を考案。インターネットで誰でも簡単に診断できるシステムを開発し(HP:http://deweycolorsystem.com/)色彩を用いた人材育成関連の事業を展開している。

    私自身もまた、言語による表現伝達能力といった制約を超えたより深い内面の探求方法として色彩に着目しそれをカウンセリングに取り入れているひとりである。

    それはデューイ氏のシステムとは少し異なるアプローチだが、実際に色彩が人材育成や能力開発などにビジネスの場に活用されていることを理解することはとても参考になった。

    ***

    なお、私は色彩を「言語化の難しい微細な感覚の伝達」に有効であると考え、「言語的表現(左脳型・ロジカルシンキング)偏重型」の社会におけるコミュニケーションでは見落とされがちな思考・感情、そしてその根底にある心の状態を理解するための「糸口」として活用している。

    色彩を用いた対話は自身の持つエネルギーの質、循環、バランスを理解する上で有効であり、そこでは「言葉をやさしくもちいること」(言葉を添えるうえでの非常に微細な配慮)が必要となる。

    言葉を扱うことを仕事にするものとして、だから、色彩を用いたカウンセリングは非常におもしろく奥深く、その探求への興味は尽きない。

  • 色が持つ不思議と神秘を実感。自分自身を知るツールとしてとても役に立ち、かなり納得のいく結果が出ました。

  •  最近色に興味を持っているのでこの本を手にしました。
     解説と実行の指示と説明が全部一緒に書かれているのでやや読みにくく、次どこを読むのか迷うことが度々ありましたが、最後まで読んでみると驚きの結果が出ました。
     たった15色の色しか出てこないこの本ですが、私としては恐ろしくあたっていて衝撃を受けました。性格診断的な部分はまぁある程度あたるだろうと予想をしていたものの、自分の弱点や注意すべき点・克服すべきことについてかなり鋭く言い当てられ、読むのがしんどくなる程でした。
     著者は人材派遣の仕事に長年携わり、その中からこのカラーシステムを構築したそうで所々に自分の実感や実体験が書かれています。この色を好きな営業はこういう結果を出しがちだとか、逆にこの色が好きな営業はいつもうまくいくとか。これらを読むとまたなるほどと感じます。
     基本的に自分が選んだ色しか読んではいません。他の色も読んでしまうと結局自分はどうだったのか混乱してわからなくなりそうだったので。
     私はひとりで読みましたが、友人や家族と一緒に読むとまた面白いと思います。赤が好きな人同士はこういう相性だとか、赤と青ならこういう刺激を与え合うとか、人との組合せについても書かれていますので。
     個人的にはとてもオススメな本です。ただ読みにくいので★は4つ。

全4件中 1 - 4件を表示

デューイ・サッカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする