ロンドン、とっておきのティープレイスへ 英国紅茶のおいしい誘惑

  • 河出書房新社
3.27
  • (3)
  • (3)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 63
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309268989

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スチュワード麻子さんの著書で
    英国紅茶の魅力をより一層感じるようになりました。

    以前NHK Eテレの「紅茶学」でお見かけしたときは、堅苦しく考えすぎずに楽しむためのマナーは勉強になりました。
    「へぇ~!!」と思いがけないマナーがあったり知らなかった薀蓄もあり、たいへん興味深く拝見しました。

    最近、英国でも紅茶離れの傾向も見受けられるそうです。特に、若い世代にはコーヒーを好む人も。
    紅茶を飲むとしても、茶葉をポットで淹れるのではなく、ティーバッグが圧倒的に多いということです。

    そういえば、日本でも、急須で緑茶を淹れる習慣が減っているようですね。
    若い夫婦だと急須がない家庭もあるそうで、飲むとしてもペットボトルのお茶を飲んでいるなんて人が増えているそうです。

    面倒といえば確かに面倒かもしれませんが、ちょっと寂しい気がします。
    ティーバッグの紅茶、ペットボトル売りの緑茶、便利ですよね。
    でも、慣れてしまえばポットや急須で淹れるのも思っているほど苦ではありません。

  • 本当に早く英国に行きたい! ツアーとかじゃなくって、絶対自分の足で歩いて歩いて歩き疲れるんだ!

  • ホテルなど、高級店が多かった印象。庶民派日本人には、お金があって訪問できても上から目線で応対されちゃいそうですね~。

  • ロンドンのホテルでのアフタヌーンティーもいいし、NEW OPENのティールームでお茶するのもいいですよね。もちろん紅茶も買ってアンティークショップもお気に入りを探すのもいいですよね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

日本紅茶協会シニアティーインストラクター。英国ティーカウンシル(英国紅茶協会)認定スクール「Infuse」主宰。同カウンシル認定ティーコンサルタントとしてフォートナム&メイソンはじめ数多くのティールームのコンサルタント業務を行う。

「2017年 『英国スタイルで楽しむ紅茶』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スチュワード麻子の作品

ツイートする