日本の酒うんちく百科

著者 :
  • 河出書房新社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309269917

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「百科」というだけあってハードカバーで分厚く、索引までつく本。感想文にはまったく不向きである。正直なところ読破とはいえないし、内容をまとめろといわれてもムリだと思う。でもなんだか面白い。ペラペラとめくり、「読む」というよりながめてしまう。酒造りの日本史からことわざ、熟語、漬け物の話まであって、ためになる訳ではないのだが、面白い。酒の種類も驚くほどあり、「深いねー」と感心してしまう。酒はまだ飲める歳ではないけれど、この本を片手に飲んでみるのも、意義や感銘をとなえられ楽しいそうだ。

  • 2008/5
    ここまでタイトルだけで全てを語っている本も少ない。作り方、歴史、そして酒にまつわる文化について、いろいろな話をたくさん掲載している、知識として必要もないし、これだけ知っているとひけらかすにしては少し嫌味を感じるだろうと思われるほどの細かい内容。
    でも、日本酒についての理解は間違いなく深くなれる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1932年、福島県生まれ。食文化史研究家、長寿食研究所所長。古代から明治時代までの食事復元の第一人者。長寿者の食生活を長年にわたって調査研究している。著書に『和食ことわざ事典』『武士のメシ』など多数。

「2017年 『「和の食」全史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永山久夫の作品

日本の酒うんちく百科を本棚に登録しているひと

ツイートする