自転車で遠くへ行きたい。

著者 :
  • 河出書房新社
3.67
  • (17)
  • (28)
  • (35)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 189
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309270197

作品紹介・あらすじ

西伊刀の海、沖縄の風、日本アルプスの山並み…、自転車で遠くへ行くと、見たことのない景色と新しい自分に出会える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めてロードに乗ろうと思った人が、ロングライドの楽しみや技術を得るには最適な本だと思いました。

  • ロングライドにはかなりためになる本だと思います。
    筆者がビギナーのときから100km、200km、300km、400km走るようになるまでの過程、それぞれの感じ方がとても参考になります。
    ロードレーサーが欲しくなるし、ロードレーサー買ったら改めてもう一度読みたいですね。
    私は今まで最高100km。
    200km走れるようになりたいかな。

  • この本の著者です。
    おかげさまで9月初旬に4刷となりました。
    読んでくれた皆さん、ありがとう!

  • 著者が自転車、ロードレーサーに乗り始めてから、100km、200km、300km、600kmと走行距離がどんどん伸びていく(壊れていく?笑)様が描かれています。自転車で遠くに行きたいなという朧げな私の思いと同じタイトルの本だったのでこの本を手にしましたが、朧げな思いは形がハッキリとしちゃいました。本文中のツール・ド・おきなわ、魅力的です。
    ロードバイクに乗って遠くに行きたいと思わせてくれる一冊でした。

  • ブルベブームを作ったと言っても過言ではない本。
    自転車乗りには面白いです。

  • ロードバイク初心者の私にとって、これから広がるかもしれない世界を見せられてわくわくさせられる一冊だった。ロードバイクをこれから始めてみようという人にとってはその世界の魅力を伝えてくれる良著である。

  • 遠くへ行けるようになりたい

  • 筆者が普通の人なのでロードバイクいやロードレーサーを乗っている人にとっては納得のいく箇所がたくさんあって面白い。
    これが毎日練習するような人が書いた本であったら、あまり共感が持てず、ここまで面白くないと思う。
    ロングライドはあまりしたことがないので、先ずは100キロぐらいから初めてみたい。
    ロードレーサーの魅力をよく表した本だと思う。
    ロードレーサーに乗っている人もこれから乗りたいという人も楽しめる本だと思う。

  • おすすめ度:90点

    ロードレーサーで走ることの楽しさ、ロングライドのおもしろさが伝わってくる好著。
    普通の40歳代の著者が、自転車の世界のすばらしさを等身大で語ってくれる。
    とても無理だど思われる距離を超えていく高揚感、達成感。「身体能力の拡張感」は、人に勇気を与える。体力の壁を乗り越えることは、心理的な壁をも乗り越えていく。

  • ロードバイクのススメ的な本。

    やったことない人が読んでどうかわからないけど、100kmでも走ったことがあるなら(ロードバイクなら大した距離じゃない)「あるあるw」なエピードが満載。

    著者は完全に「距離感の壊れた人」なので、この先どういう世界が待ってるのか少しだけ垣間見れる。

    良書だと思います。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年東京都生まれ。中学生の頃に熱中した自転車に40歳を過ぎてから出戻り、以降、ロングライドを中心に自転車を楽しむ。メンバー数3万人を超えるmixi「自転車で遠くへ行きたい」コミュニティ管理人。フランス発祥のロングライドイベント「ブルベ」で2006年に200km、300km、400km、600kmを走りSR(スーパーランドナー)の認定を受ける。最近は趣味が高じて、オリジナルデザインのサイクリングジャージの制作も行っている。著書に『自転車で遠くへ行きたい。』『ロングライドに出かけよう-自転車で遠くを目指す生き方・走り方-』、監修に『ビジュアル版ロングライドの世界』がある。

「2015年 『追い風ライダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自転車で遠くへ行きたい。のその他の作品

米津一成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高千穂 遙
高千穂 遙
ロバート キヨサ...
近藤 史恵
有効な右矢印 無効な右矢印

自転車で遠くへ行きたい。を本棚に登録しているひと

ツイートする