大正ロマン着物女子服装帖―ポニア式コーディネート術

著者 :
  • 河出書房新社
3.52
  • (9)
  • (14)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 220
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309270456

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 似たような着物で
    組み合わせ真似してみよう!

  • 自由に楽しんで着物を着てたんだろうな。
    斬新なコーディネートが可愛い

  • 可愛い着物の数々。
    でも表紙が一番好き。

  • 大正〜昭和のレトロ着物の着こなし。kawaii

  • かわいーー!!!モガスタイル憧れるな。。。それにしてもP59の着物柄が、ネルフに見えてしょうがない(笑)

  • 大正時代の着物は柄がポップだったり色づかいが攻めてて個性的で美しい。著者がアンティーク着物店の店主なので、古着の着方やコーディネート、短い帯の結び方など、アンティークを具体的に楽しむ方法を教えてくれる。小物使いも素敵でパラパラ見てるだけでもトキメク。

  • 大正ロマンな着物がいっぱい。用語解説もあり

  • 色彩豊かに愛らしく、組み合わせの可愛いさが素晴らしくて遊びたくなる1冊。
    肩を張らない着物の本。
    解説もしっかり載っていて、ハウツーにもぴったり!!

  • アンティーク着物の、トータルコーディネート指南。
    カラーページが多く、眺めているだけで、楽しくなる本。

    当時の10代少女向けだった、大正ロマン着物。
    派手なものも多く、とても華やか。

    派手目のコーデは、自分で着こなす自信がないが、着物ならではのコーディネートの妙を見るのは楽しい。

    古典柄はおちついていて、着てみたいと思う。

    英単語を取り入れるなど、当時ならではのデザインが、斬新。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-4d82.html

  •  アンティーク着物店「Ponia-pon」の店主、大野らふさんが描く大正浪漫時代を代表するお着物の本。

     着物のもつ、地味とか清楚とかいうイメージを覆す着こなしばかり。配色も模様も、自己主張の激しいものたちを合わせては、そこに色とりどりの世界を作り出す。

     そうそう、着物ってこうよね。
     成人式とか七五三とかだけじゃなくて、普段着だからこそファッションとしてお洒落したい!
     そんなワクワクさせてくれる一冊。

     時代に会った柄物(果物とか、戦争とか)の説明や季節ごとの合わせなど、盛りだくさんでついつい読み返してしまいます。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

人気アンティーク着物店〈ポニアポン〉店主。着物スタイリストとして雑誌、展覧会等でコーディネートを行い、高い評価を得る。著書に『大正ロマン着物女子服装帖』など。

「2016年 『谷崎潤一郎文学の着物を見る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大野らふの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松田 恵美
井嶋 ナギ
君野 倫子
弓岡 勝美
君野 倫子
有効な右矢印 無効な右矢印

大正ロマン着物女子服装帖―ポニア式コーディネート術を本棚に登録しているひと

ツイートする