天津 木村のエロ詩吟、吟じます。

著者 :
  • 河出書房新社
3.23
  • (4)
  • (9)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 59
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309270463

作品紹介・あらすじ

老若男女各界絶賛!?テレビでは決して放送できないネタの数々を「吟じます」「あると思います」。なんと父から、相方から、妻からのありがたーいコメントも。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    ── 《天津 木村のエロ詩吟、吟じます。20080911 河出書房新社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4309270468
     
     木村 卓寛 漫才 19760522 姫路 /「天津」のツッコミ(たまにボケ)。
     エロ詩吟が詩吟界から所属流派を除名、詩吟師範の父も離脱 [B]
    「あると思います 2009 新語・流行語大賞ノミネート」
     
     エロ詩吟では、最後の音程を(浪曲のように)やや大袈裟に低くとる。
     西洋音程を聞きなれた日本人には、いかにも間延びして聞える。
    (シンガーソングライターの松任谷 由実は、彼の大ファンだ)
     
    >上昇する「ドレミ」の「レ」は高く、下降するときの「レ」は低い<
    http://q.hatena.ne.jp/1478629693#a1260096(No.1 20161109 12:51:10)
     三感四問 ~ 時のQ&A・音のCDE・色のイロハ ~
     
    (20161109)
     

  • テレビでぜったい放送できなさそうなのが
    たくさんある、面白すぎる。
    第二弾はCD付なんですね
    聞いてみたい。

  • 立ち読みでいけるレベルの本ですが、あえて買いました。

    もっと 強くとぉ~

    調子にのって つまんでもらっててぇ~

    風呂に入ってヒリヒリしたときに後悔するぅ~


    あると思います!

    一気に読まず、たまに適当にページをめくって脳内詩吟すると、飽きずに長持ちすると思います。

  • 先日泥酔して記憶ごとカバンを失くしました。
    早く見付かることを祈る毎日ですが、唯一の救いはカバンの中に入っていたのがこの本じゃなかったことです。

    エロ詩吟を中学生編、本番編などに分類し、各章の間には相方やケンコバからのコメントページがありましたが、奥様からのコメントが秀逸でした。

    エロ詩吟にひと言物申す!妻より~「知らんわ。」

    赤裸々過ぎて人と共有できない下ネタしかない。あるあるネタの在り方としては失格。
    でもこれで笑わない男はいないでしょう。あると思います!

  • お笑い芸人である天津の木村による本である。「吟じます。」でブレイクしたあの芸人である。くらだないことがたくさん書いてあったが、なかなか面白かった。

  • 「放送禁止ですね」

    もうめっきり見ませんね。
    地上波ではとても放送できないような内容のオンパレードです。
    これぞ天津木村。
    ゴールデン用にマイルドになる前の彼らしさがここにはあります。

    果たして奥さんは、どう思っているんだろうか

  • ど変態!

    大好き!

  • 本で読むのも良いですが、
    やっぱり吟じてもらうのが一番!

  • 購入:松木(2009.6.20)
    最近難しい本ばかり読んでいたので、1冊ぐらい頭の体操としては「あると思います」
    内容は本当にくだらないです
    でも何だかいけそうな気がする〜!

    小林。個人で話しのネタに買ってしょうもない内容だったので読まずにいたのですがふと出てきたので読んでみました。話しが実に良くできていてボキャブラリーがあるというか一世を風靡しただけある内容で久々いや初めて読んだに近いんですが面白い本です。

  • 詩吟師範代である天津木村がお笑い芸人として披露している「エロ詩吟」の数々を収録した1冊です。シチュエーションごとに5つの章に分かれており、約150もの「男の悲哀」が切々と吟じられています。天才なのか変態なのか判断しかねる天津木村の言葉に、笑いを堪えることが出来ませんでした(笑)刊行にあたっての父・相方・妻からの一言や、ケンドーコバヤシとの対談も収録されています。女性だと実感として解らない部分も多いので、男性が読んだほうがもっと楽しめる…かも(笑)

全18件中 1 - 10件を表示

天津木村の作品

ツイートする